長寿と若返りのレポート

老化と寿命

人は古来生きるものには寿命がありそれは、「いつかは尽きるものである」と言う前提で生きています。
しかし、生物学や生理学の近年の新発見にはそうした先入観に疑問を抱かざるを得ないものも多く含まれています。

ITの急速な進歩による遺伝子DNAの解明・理解や、組織的な生物・生命の観察によって「果たして寿命はどうにもならない」と言う考え自体が正しいと言えるのだろうかと思えるような研究結果も現れ始めています。

命とは何かと言う問いに対する「寿命への挑戦」は新たな時代を迎えつつあるようです。




ストレスを受ける途端、突然の若返りを何度も繰り返す生物 ベニクラゲ。



理想的な飼育環境に置けば不老不死であることが確認されたイソギンチャク ヒドラ。



寿命・余命を伸ばすことが確認された夢の寿命延長薬 ラパマイシン。



1951年から世界中の培養器の中で分裂し続ける、不死のヒト由来細胞、ヒーラ細胞。



細胞のガン化のプロセスを逆回転にする、ガンの正常細胞化技術。



細胞の寿命の長さと比例する染色体の分裂回数のチケット 寿命時計 テロメア。



動物の寿命を延ばすカギ 注目のサーチュイン遺伝子とそれを活性化するNMN。



細胞分列回数の寿命を規定するヘイフリック限界。

広告

 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告


TOP