日本の通貨と両替の歴史

江戸と大阪の為替取引

武家の都 江戸は金本位、町人文化の天下の台所 上方は銀本位。
それぞれの流通貨幣同士には差益がありその差益を用いた本格的な為替差益取引が江戸時代既に行われていました。

金貨、銀貨、銅銭と言う三種類の貨幣制度によって日本の為替市場や金貸し業務は独特の発展を遂げていました。

上方の豪商たちによって始められた金融業のレポートを5ページで紹介しています。

日本の通貨と両替の歴史




時代劇でおなじみの一両小判。江戸時代の通貨価値を給与と物価から見る。



日本最古の通貨の候補、無文銀銭、富本銭、和同開珎の三つの硬貨。



事実上の為替変動相場、金貨・銀貨・銅貨、三つの貨幣制度が並立していた江戸時代。



銀行業務の視点でみればイングランド銀行より歴史の古い、大坂の両替商の金融ビジネス。



金貸しとしての両替商、両替商の為替業務、御用両替、明治時代の両替屋

広告

 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP