財テク有名人

松居一代

俳優船越英一郎の元妻で、離婚絡みで世間を騒がせたタレントの松居一代は不動産債権や株式で億単位の利益を上げる投資家らしいです。

1日に億単位のトレードをすることもあり、不動産債券を価格高騰後に一気に売り抜けて数億円の儲けを出したとも言います。

海外の債券でも億単位の利益をだしたと照会されたようです。

スタイルはJ-REITや国債にまとまった金額を投資し、まとまった利益を狙うと言うスタイルのようです。

また不動産の債権で利益を出し、その利益で不動産投資を行うと言う手法でも10億円の利益を得たと言われています。

20代の頃より投資を開始し経験は30年以上といいます。

「マツイ棒」「マツイ鍋」「マツイ洗剤」などの有名商品、ヒット商品の売り上げでも巨額の利益を得ているのは有名です。

最近は、日本株や中国株にも手を出しているとも言われています。

天野ひろゆき

お笑い芸人キャイ~ンの天野ひろゆきは2008年のリーマンショックの年に株式投資を始めたそうです。

買った銘柄がすぐに下がったこともあり、長期投資を行うようになったと言います。

スタイルは自分が好きな製品のブランドから選び出して保有すると言うものだそうです。

アベノミクスの株高ではかなりの利益も得たと言います。

長期の保有と言うのは変わらないようですが、その後は株式の他にJ-REIT、国債にも投資、また不動産も所有し、2015年からの株価下落までは10億円近い資産を持っていたようです。

一旦は損失も出したようですが、不動産投資で得たマンションは手放してないので現在は安定的に運用しているようです。

岡平健治

元フォークグループの岡平健治は株で儲けてビルを建てたと言われています。

薄給で契約していた音楽事務所に給料アップの交渉をして得た5000万円のギャラを元手に株に手を出したところ、そこで購入した中国株が四倍に跳ね上がり、億以上の利益を得たそうです。

そうして作った資金を元に都内の一等地に8階建てのビルを建てて、その中では直営で飲食、アパレル、ライブハウス、また空室の賃貸もしていて、年商は2億円にもなると言います。

これは投資や財テクの才と言うよりビジネスの才があるタレントと言うべきでしょう。

中田英寿

元サッカー日本代表の中田英寿は商業的なサッカーに違和感を覚えたそうで、29歳という若さでサッカー界を引退し、その後はすっかりビジネスマンとして世界中にカフェや日本酒を扱ったバーを出店し、現在は一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」を設立、サッカーを中心としたチャリティーイベントを行っています。

また東ハトの執行役員にもなっています。

またまた、PR・マネジメント会社サニーサイドアップの大株主であり、年間800万円ほどの配当金が入るという。

所ジョージ

歌手の所ジョージは携帯電話の代理店で毎月2億の収入があると言われています。

携帯電話がまだなかった時代に、NTTが携帯電話の代理店を権利1000万円で募集した際に所ジョージはこれを買ったと言い、それが現在では月々億単位の収入を生んでいるらしいのです。

財テクと言うか先見の明と言うか、あるいは稀な幸運に恵まれたと言うか、それこそ所がさほどの苦労をせずにこれだけの権利を手に入れた可能性があり、彼のライフスタイルをマスコミで垣間見て知っている個人投資家としては、これは是非心に留めておきたい縁起の良いエピソードです。

壇蜜

土地を購入しパーキング会社と契約をして都内に3箇所の駐車場を経営しており、推定800万円の年収があるそうです。

同じ不動産でもアパート・貸家などと違ってユーザーの権利やクレームによるリスクも限定され、不労所得を得る方法の中では素人にも比較的手が出しやすいのが駐車場経営と言われているようです。

理由はマンションなどより安く手に入るのと、日当たりなどの悪条件の土地、建物としての有効活用の難し土地でも比較的容易に営業できます。

駐車場としての適正も住宅に比べれば比較的容易に判断できます。

このような投資姿勢・考え方をみると彼女は相場での投資でもかなり優秀なトレーダーになれる可能性が大きいと思われます。

ただし、相場での投資に情熱が持てればですが…。



 サイトからのお知らせ。
・09/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP