検索したいキーワードを入力してください。

広告

日本の通貨と両替の歴史

江戸と大阪の為替取引

武家の都 江戸は金本位、町人文化の天下の台所 上方は銀本位。

それぞれの流通貨幣同士には差益がありその差益を用いた本格的な為替差益取引が江戸時代既に行われていました。

金貨、銀貨、銅銭と言う三種類の貨幣制度によって日本の為替市場は独特の発展を遂げていました。

小判一枚の現代の価値

給与から見た江戸時代の貨幣価値、物価から見た江戸時代の貨幣価値、娯楽への支出から見た江戸時代の貨幣価値

広告

日本最古の流通貨幣

最古の通貨、無文銀銭、富本銭、和同開珎

江戸時代の三通貨

江戸時代に初めてできた統制された通貨制度、三貨制度を支えた「両替商」、三種類の通貨の価値と公定交換比率、江戸時代の三貨制度以外にあったもう一つの通貨制度

広告

江戸時代の為替業務と両替商①

両替商、金貨・銀貨・銅貨のすべてをあつかう本両替、十人両替筆頭 天王寺屋、鴻池屋

江戸時代の為替業務と両替商②

三井両替店、金貸しとしての両替商、両替商の為替業務、御用両替、明治時代の両替屋

主要指標

日経平均27606.46(-79.01)
TOPIX1983.97(+0.57)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均34156.69(+265.67)
S&P5004164.00(+52.92)
NASDAQ12113.78(+226.33)
ドル/円144.642(+0.172)
FTSE1007913.11(+48.40)
ハンセン21283.52(-15.18)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告