検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28029.57(+276.20) TOPIX:1957.86(+31.49) JASDAQ:177.55(+1.70)
  • ダウ平均:34416.24(-223.55) S&P:4523.62(-53.48) NASDAQ:15064.43(-316.88)
  • ドル円:112.971(-0.152) ロンドンFTSE:7122.32(-6.89) 香港ハンセン:23766.69(-22.24)

広告

エルダー線

テクニカル インジケータ活用ノウハウ「エルダー線」。

ブルパワー線(強気線銭)とベアパワー線(弱気線)の二つの指標で相場の勢力を測定する指標。

エルダー線とは

(英)Elder Ray(Bulls Power Ray)(Bears Power Ray)

エルダー線は、それぞれ単独の指標としても参照されるブルパワー線(Bulls Power Ray)とベアパワー線(Bears Power Ray)の2本の線で表わされた指標で、エルダーレイ(Elder Ray)とも呼ばれ、投資関連の著作などで知られるアレクサンダー・エルダー(Alexander Elder)によって1989年に発表されたインジケーターです。

作成の目的

ブルパワー線とベアパワー線の二本を一つの指標として使う場合にエルダー線と呼ばれます。

目的としては市場の表層に現れないブルパワー(買い圧力)とベアパワー(売り圧力)の勢力を見るために考案されたものです。

ブルパワー(Bulls Power)と命名されたライン(ray)は、高値と指数平滑移動平均との乖離率を時系列に並べたものであり、同様にベアパワー(Bears Power)と言うラインは、安値と指数平滑移動平均との乖離率をならべたものです。

ちなみにブルとは牡牛のことで、角で下から突き上げる動作を捉えて上昇相場のシンボル、一方のベアは熊を意味していて、爪を立てた腕を上から振り下ろして襲いかかる動作を捉えて下落相場のシンボルとされています。

相場金融の世界ではこのブルとベアは強気弱気の定着したシンボルです。

広告

エルダー線の計算

計算はシンプルで…、

ブルパワーレイ = 高値 - n日間の終値による指数移動平均値

ベアパワーレイ = 安値 - n日間の終値による指数移動平均値

…で求められます。

nの日数は任意ですが、エルダーは13日を標準値としているようです。

この方法ではブルパワー(買い圧力)は当日の相場が探った高値が直近の平均終値に対してどこまで伸びたのかを判断材料とし、ベアパワー(売り圧力)は当日試した安値が直近の平均終値に対してどこまで下値を探ったのかを見ています。

広告

トレードのタイミング

買いのシグナル

  1. 上昇トレンドでベアパワーがマイナスの時

    ※ベアパワーが0以上では中立であり、0以下で売りのポイントです。

  2. ブル・パワーの直近のトップが前回のトップを上回っている時
  3. ブル型乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス)の時

    (安値更新中ベアパワーが前回最低値より高く、ボトム形成から上昇に転じた時)

売りのシグナル

  1. 下降トレンドでブルパワーがプラスの時

    ※ブルパワーが0以下では中立であり、0以上で買いのポイントです。

  2. ベア・パワーの直近のボトムが前回のボトムを下回っている時
  3. ベア型乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス)の時

    (高値更新中ブルパワーが前回最高値より低く、トップ形成から下降に転じた時)

エルダー線を逆張りで用いる場合には、ちょうど50%を超えた地点と-50%を割り込んだ2つの地点が売買のエントリーポイントとなります。

広告

サプリメント ヒント

エルダー線は比較的近い過去に形成された価格帯に対して直近の高値と安値の相関位置を把握することで、深層の売買圧力を感じ取ろうとするものです。


サイト内のヒントリンク

  1. ダイバージェンス
  2. ブルベアバランス

主要指標

日経平均28029.57(+276.20)
TOPIX1957.86(+31.49)
JASDAQ177.55(+1.70)
ダウ平均34416.24(-223.55)
S&P5004523.62(-53.48)
NASDAQ15064.43(-316.88)
ドル/円112.971(-0.152)
FTSE1007122.32(-6.89)
ハンセン23766.69(-22.24)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告