ボラティリティチャネル 要約と計算式

ボラティリティチャネルとは

(英)The Volatility Channels


ラリーウィリアムス(Larry Williams)が開発した、2本の線で描かれるドンチャン・チャネルと同様に期間内の最大・最少値を用いて描いたバンドですが、ドンチャンチャネルのように最高値や最安値を用いるのではなく、ティピカルプライスを用いたオリジナルの高値・安値の加味値の最大値、最小値の更新でバンドを描く指標です。

ドンチャンチャネルなどの最大レンジレンジ更新系のバンドと同様に、トレンド確認と言う使い方を前提として用いるため、売買シグナルとして利用する場合には順張り指標として用いることになります。

終値ではなくティピカルがすべてのラインに反映されることで、従来の同様の指標に比べて相場への追随性を高めている考えられるインジケーターです。

計算方法

期間内の高値・安値の変わりにティピカルプライスを二倍したものから高値・安値を加減した値を用います。

[ 計 算 式 ]
tp = 高値+安値+終値 ÷ 3 :Typical Price
HH = tp × 2 - 高値
LL = tp × 2 - 安値
UPPER BAND = HHのn日最大値
LOWER BAND = LLのn日最少値
nは任意で設定します。

  テクニカル計算式 エクセルファイル

下のメニューの「バンド系指標計算式 ファイル一覧」などのリンクページから各種テクニカル分析のエクセル計算ファイルをダウンロードできます。

バンド系、チャネル系テクニカル指標の計算ファイルです。
逆張りエリアや過熱エリアなどの境界検出に用いられます。

もっともよく知られたテクニカル指標の計算ファイルです。
トレンド系とオシレータ系の代表的なものを集めています。

ワイルダーの開発したテクニカル指標の計算ファイルです。
現在広く使われているのテクニカル計算法の基本的な指標群です。

代表的な各種の移動平均をそろえた計算ファイル集です。
各テクニカル指標の移動平均部分で差し替え検証などを行うことができます。

エクセルでVBA自動売買システムを作る際に参考にしていただく素材集です。
このコーナーへのアクセスが多いようなら更に素材を追加します。

エクセルで自立型の売買システムを作る際に参考にしていただく素材です。
更に素材を追加する予定です。

広告


バンド系 チャネル系テクニカル指標
バンドあるいはチャネルとは帯状のものや帯域を表します。

テクニカル分析指標のバンドとは終値などの移動平均線の上下に二本または四本以上のラインを引いて価格の適正水準と過熱水準などを視覚的に確認するものです。

テクニカルの移動平均線の使い方の一つに、移動平均線を価格変動の収束値とみなして値動きが移動平均線からどのくらい乖離しているかを見て過熱感などを判断する方法がありますが、バンドはこの移動平均乖離率、あるいは移動平均乖離幅を視覚的に確認するのが基本的な使い方です。





値動きがバンドの外側にはみ出すと乖離が大きすぎる、つまりイレギュラーな位置にあるとみなして、逆張りの目安にすると言う使い方です。

しかし、強いトレンドが発生すると、値動きはバンドをブレイクしたままトレンド方向に伸びてゆくため、特に乖離率・乖離幅系などの均等なバンド幅を描くものの計算期間を短くしてある程度タイトなバンドを描くとこの不具合をトレンド発生時の順張り指標として機能させることが出来るケースもあります。



強いトレンドの値動きに対してバンド幅が変化するように工夫したものに標準偏差系があります。

有名なボリンジャーバンドでは価格のバラツキ、つまり一定期間の値段の動きの変化幅を標準偏差値にし、その標準偏差を移動平均の上下に加減したバンドを描くためが、強いトレンドが現れるとバンドも上下に極端に大きく脹らみますが、それでもトレンドの値動きを包み込むことはできず、逆張り指標としてはあまり意味のないものになります。



高値と安値の価格変動の幅自体を元に計算するボラティリティ系のタイプのものもありますが、これもやはり基本的には値動きの少ない時は「逆張り」、トレンドの明確な場合は「順張り」と言うあいまいな使い方を提唱されています。



価格変動幅を日足またはサンプル一本単位ではなく、一定期間の最高値と最安値を基準にバンドを描く最大レンジ更新系のものがありますが、これは基本的に「順張り」で用いられる指標とされ、上方ラインを抜けたら「買い」、下方ラインを下抜けたら「売り」と言うトレンドを見極めるような使い方がメインです。



バンド指標のこうした矛盾点を克服するため、複数のバンドを引いたり、種類の違うインジケータのバンドを複合的に使うと言った方法も見られます。

これは価格が複数のバンド間のどの位置にあるかで、トレンドの継続・終焉・反転などを見極めようとするものです。

逆張りとはトレンドの反転を予想して現在発生しているトレンドとは逆の方向にポジションを持つ売買手法ですが、これは本来、非常に高度な技術を要するものであり、このスタイルのトレードをバンド系・チャネル系の指標で行うのは容易なことではありません。

このため、比較的最近になって逆張りの代表のように語られるボリンジャーバンドの使い方も、その開発者自身によって「順張り」で使うものだとか「逆張りで使うのは間違った使い方だ」など言った発現がにわかになされているようで、その影響のためかネットでも「スクイーズ」と言ったトレンドの発生を知るための使い方が標準偏差の正しい使い方として支持されてきているようです。

ただ当初ボリンジャーが提唱していたような「逆張り指標」としてのバンド系指標は現在もボリンジャーバンドなどを元に改良・開発しようとする試みもいくつかあるようです。

この「逆張り」指標としてのバンド系指標の難点を表す現象として「バンドウォーク」があります。

ボリンジャーバンドでも強烈なトレンドが発生するとそれまでの穏やかな値動きのサンプルで求めた偏差値は統計的な数字として意味を失いますが、多くのバンドは一方的なトレンドの発生に対応できていません。



強いトレンドが続くと、値動きがバンドからはみ出しつつ纏わりつくように動きますが、この現象がバンドウォークです。

これは計算対象期間のデータが意味を失ったために起こっているインジケータの不具合と言う意味ではオシレータ系指標で起こる「張り付き」と同様の現象と言えます。

「バンドウォーク」ではトレンドが終了するまで逆張り方向への値動きは期待できない状態になっています。

こうした現象を緩和するためには相当長大な計算期間で標準偏差の計算をするしかないのですが、そうなると今度は、指標の示す逆張りのチャンスが極端に少なくなることになります。

こうしたバンド系指標の「逆張り」の限界が見えるにつれて、最近後付け的に言われだしたボリンジャーバンドの使い方として期待の持てるものがあります。



標準偏差はサンプルのバラつきが少ないと小さくなり、バラつきが多いと大きくなります。

つまり計算対象のサンプル間の価格差が大きくなるとボリンジャーバンドの振幅は極端(設定期間にもよりますが)に開いてきます。

つまり計算対象のサンプル間の価格差が大きくなるとボリンジャーバンドの振幅は極端(設定期間にもよりますが)に開いてきます。

一方同じバンド指標でも乖離幅系のエンベロープの場合、標準偏差ではなく移動平均線から一定間隔でバンドを描くようにできているため、ボリンジャーバンドのように値動きの変動によるバンド幅自体の拡大や縮小はありません。

こうした特徴を利用してボリンジャーバンドにエンベロープのような平滑なバンドを描く指標を組み合わせて用いることで値幅の変動状況を視覚化することができます。

トレンドが発生するとボリンジャーバンドは平滑なバンドの外に大きくはみ出し、逆にトレンドが収束したりトレンドが明確でないような相場ではボリンジャーバンドは平滑なバンドの内側に収まる傾向を見せます。



この価格のバラツキの振度を計るトレンドの見極めは、標準偏差の用い方としては、「逆張り指標」と言うややこじつけ的な使い方と異なり、ある程度理にかなっており、有効な指標として機能する可能性があります。

また、バンド系・チャネル系のテクニカル指標は「逆張り指標」として用いるにはかなりの工夫などを必要とするものですが、無駄なトレードやポジショニングを回避するための「過熱感検知」と言った使い方なら一定の工夫で機能する可能性があります。





 サイトからのお知らせ。
・12/19日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
 各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(PC)に最適化しています。

広告



TOP