検索したいキーワードを入力してください。

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26739.03(+336.19) TOPIX:1877.37(+17.29) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:31261.90(+8.77) S&P:3901.36(+0.57) NASDAQ:11354.61(-33.87)
  • ドル円:127.913(+0.117) ロンドンFTSE:7389.98(+87.24) 香港ハンセン:20717.24(+596.56)

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26739.03(+336.19) TOPIX:1877.37(+17.29) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:31261.90(+8.77) S&P:3901.36(+0.57) NASDAQ:11354.61(-33.87)
  • ドル円:127.913(+0.117) ロンドンFTSE:7389.98(+87.24) 香港ハンセン:20717.24(+596.56)
広告

スタークバンド

テクニカル分析スキル集「スタークバンド」

トゥルーレンジによるチャンネルラインをボリンジャーバンドと同様に使う事で相場への即応性を重視したバンド系のインジケーター。

スタークバンドとは

(英)The STARC Bands / The Stoller's Average Range Channels

STARCバンドの「STARC」とは「Stoller Average Range Channels」の略で、これはストーラー(Manning Stoller)によって開発されたバンド指標です。

「Stoller Average Range Channels」は「(ストーラー氏の)平均値幅バンド」と言う意味です。

STARCバンドの説明ではその使い方や目的はボリンジャーバンドと同じとされています。

ただしボリンジャーバンドがサンプルのバラツキから標準偏差で求めた数値を移動平均線に加減したものでバンドラインを引くのに対してSTARCバンドではトゥルーレンジの移動平均値(ATR)を使用します。

これは相場の価格変動率を使うことがレンジ分析をより有効にすると言う考えに基づいたものです。

ボリンジャーバンドではサンプル計算期間に20日程度が良く用いられますが、STARCバンドでは6日と言ったより短い期間の平均を用いることで、よりレスポンスの早い見立てを想定しています。

広告

計算方法

単純移動平均線を引き、ケルトナーチャネル同様バンド幅はATRを用います。

バンド幅の計算に使う係数は2です。

ちなみに、この係数 2を1.618、2.618、4.236に置き換えて、それぞれ上下3本ずつ線を引いたものをフィボナッチボリンジャーバンドと言います。

[ 計 算 式 ]

CENTER LINE = n日単純移動平均

bw = n日ATR

UPPER BAND = CENTER LINE + bw × 2

LOWER BAND = CENTER LINE - bw × 2

nは任意

広告

使い方

ボリンジャーバンドとの比較で説明されることの多いSTARCバンドですが、目的、発想はケルトナーチャネルに良く似ており、使い方もケルトナーチャネルと同様に用いる事から始めるのがよりわかり易いと思います。

広告

テクニカル計算式 エクセルファイル

DL倶楽部の「バンド系指標計算式 ファイル一覧」などのリンクページから各種テクニカル分析のエクセル計算ファイルをダウンロードできます。

主要指標

日経平均26739.03(+336.19)
TOPIX1877.37(+17.29)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均31261.90(+8.77)
S&P5003901.36(+0.57)
NASDAQ11354.61(-33.87)
ドル/円127.913(+0.117)
FTSE1007389.98(+87.24)
ハンセン20717.24(+596.56)

主要市場時計

お知らせ

ただいま、休日メンテナンス中です。

※一部に不具合が起こることがあります。

最近チェックした記事

広告