パラボリックSAR 仕組みと用法 / 基本四要

パラボリックSARとは

(英)The Parabolic Time Price System / The Parabolic Stop and Reversal System


「パラボリック」とはパラボラ・アンテナのパラボラ(放物線)と同じ意味で、パラボリックSARはチャート上の値動きを放物線上に追尾する補助ラインを描画する指標です。

SARとは「ストップアンドリバース」(停止反転)の略で、トレンドの転換点のことです。

つまりパラボリックSARはトレンドの値動きとそれを追尾する放物線状のラインがクロスする時がトレンドの転換点であるとするシステムです。

トレンドの検出は移動平均で導き出すような一般的な方法は用いず、直前のトレンドの最高値・最安値を元に算出した値に「トレンドの最終地点」をあらかじめチャートの動きを見て想定し、その想定値から任意に定めた係数を付加することで(トレンドを)求めようとするユニークなものです。

これは、「トレンドはやがてその勢いを失って反転する」と言う相場の現象をワイルダーの独自の考察でシステムにした手法で、トレンドが勢いを失ってくると、パラボリックはその勢いを更に大きく失う設定となっているため価格ラインとクロスすることになります。

パラボリックSARの計算方法

  1. SAR(Stop and Reversal):パラボリックの値
    SAR=前日のSAR + AF×(EP-前日のSAR)
    現在のポジションをストップ (Stop) し、反対 (Reverse) のポジションをとる価格。 SARは価格と接触することで方向転換をし、価格と接触した地点を売買サインとします。
    上昇トレンドの初期値  ⇒  前回の下降トレンドの時の最安値
    その後、1日経過するごとに上記計算式で、数値が変化していきます
    下降トレンドの初期値  ⇒  前回の上昇トレンドの時の最高値
    その後、1日経過するごとに上記計算式で、数値が変化していきます

  2. EP(Extreme Price:極大値):前日までの最高値・最安値
    上昇トレンドの初期値  ⇒  初めて上限線を突破した日のザラバ高値
    新高値を更新すれば、EPになります
    下降トレンドの初期値  ⇒  初めて下限線を突破した日のザラバ安値
    新安値を更新すれば、EPになります

  3. AF(Acceleration Factor):加速因子(0.02≦AF≦0.20)
    パラボリックの感度を設定します。
    上昇トレンドや下降トレンドに転換した時  ⇒  AFは初期値に戻る
    (初期値は、通常0.02  ⇒  0.01~0.2の間の数字に設定可能)
    上昇トレンドで新高値を更新した場合、AFは+0.02ずつ増加する
    下降トレンドで新安値を更新した場合、AFは+0.02ずつ増加する
    (通常の増加分0.02  ⇒  0.01~0.2の間の数字に設定可能)
    新高値・安値更新するごとにAFは増加していくが、最大0.2以上にはならない

見方、使い方、トレードのタイミング

下のチャートにあるようにパラボリックSARのラインではトレンドの値動きをトレンドの想定終了点が追尾して行きます。

トレンド上昇中に最安値がSARを下回ったり、逆に下落中に逆に最高値がこれを上回ったりしたとき(クロスしたとき)がトレンドの転換シグナルであるため、これをトレンド判定の指標として使うことも出来ますが、元来の使い方はシグナルが出たらこれまで保持していた"ポジション"を翌日の寄り付きで清算し、新たに反対向きのポジションを建てるというドテントレードシステムです。


トレンドがハッキリしていれば、明確なシグナルが出ますが、逆にトレンドのあいまいな保ち合い相場などではあまり効果が期待できないものであり、ワイルダー自身はDMIとの併用を推奨しています。

パラボリックSARの注意点

DMIは途転システムですが、シグナルの発生が遅いのが難点です。
シグナルが出た時はトレードのタイミングを過ぎていると言う事の多い指標です。
パラメータをアジャストして有効な範囲で出来るだけ感度を良くするような工夫が必要です。

また、DMIは保ち合い相場では「ダマシ」が多い指標とされているため、他の指標との併用などの更なる工夫が必要です。

  テクニカル計算式 エクセルファイル

下のメニューの「ワイルダー指標計算式 ファイル一覧」などのリンクページから各種テクニカル分析のエクセル計算ファイルをダウンロードできます。

ワイルダーの開発したテクニカル指標の計算ファイルです。
現在広く使われているのテクニカル計算法の基本的な指標群です。

もっともよく知られたテクニカル指標の計算ファイルです。
トレンド系とオシレータ系の代表的なものを集めています。

バンド系、チャネル系テクニカル指標の計算ファイルです。
逆張りエリアや過熱エリアなどの境界検出に用いられます。

代表的な各種の移動平均をそろえた計算ファイル集です。
各テクニカル指標の移動平均部分で差し替え検証などを行うことができます。

エクセルでVBA自動売買システムを作る際に参考にしていただく素材集です。
このコーナーへのアクセスが多いようなら更に素材を追加します。

エクセルで自立型の売買システムを作る際に参考にしていただく素材です。
更に素材を追加する予定です。

広告



 サイトからのお知らせ。
・10/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
 各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(PC)に最適化しています。

広告



TOP