• 騰落展望
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28635.21(+89.03) TOPIX:1860.07(+12.07) JASDAQ:184.36(+0.03)
  • ダウ平均:30937.04(-22.96) S&P:3849.62(-5.74) NASDAQ:13626.06(-9.92)
  • ドル円:103.746(+0.148) ロンドンFTSE:6657.46(+3.45) 香港ハンセン:29297.53(-93.73)

ウェッジ(中段もみ合い) 値動き分析 4ステップ ガイド

プライスフォーメーション、値動き類型分析。

更にトレンドが力強く継続するためのエネルギー蓄積?調整の兆し?ウェッジ。

広告

ウェッジとは

ウェッジは、トレンド継続型の中段もみ合いパターンです。

(英)Wedge Formation

形がゴルフクラブのウェッジに似ていることからこう呼ばれます。

広告

ウェッジの見方

ウェッジにはトレンドの方向によって上昇ウェッジと下降ウェッジがあり、上昇ウェッジは上昇相場の価格調整、下降ウェッジは下降相場の価格調整が発生した時に形成されます。

上昇ウェッジは下方に値幅が切り下がりながら縮小して行き、下降ウェッジは上方向に切り上がりながら値幅を縮小する形を描きます。

いずれも縮小するレンジの上辺或いは下辺をブレイクした時に調整前のトレンドに戻り進捗をを継続します。

広告

トレードのタイミング

ウェッジを使ってトレードをする場合、通常買いは上辺を抜けたところでエントリーし、売りは下辺を割り込んだ時にエントリーします。

広告

サプリメント ヒント

上昇相場のウェッジは上昇の継続を疑う市場心理が下降方向に保ち合いを形成したものの、その心理が尻すぼみになってゆく状態です。

下落相場では市場は全くこの逆の心理であると考えられます。

ただ、尻すぼみになったとは言え、トレンドに逆らうべきではないかと言う心理が一旦働いていると見ることができるわかで、そのポテンシャルの度合いによってはそのままトレンドが逆行するケースも考えられます。

エントリーには慎重な値動きの観察が必要です。


サイト内のヒントリンク

  1. トライアングル
  2. フラッグ
  3. ペナント
  4. ボックス相場
広告
広告

主要指標

日経平均28635.21(+89.03)
TOPIX1860.07(+12.07)
JASDAQ184.36(+0.03)
ダウ平均30937.04(-22.96)
S&P5003849.62(-5.74)
NASDAQ13626.06(-9.92)
ドル/円103.746(+0.148)
FTSE1006657.46(+3.45)
ハンセン29297.53(-93.73)

主要市場時計

最近チェックした記事

お知らせ

サイトからのお知らせは現在ありません。

広告