検索したいキーワードを入力してください。

  • 騰落展望
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28197.42(-437.79) TOPIX:1838.85(-21.22) JASDAQ:182.69(-1.67)
  • ダウ平均:30303.17(-633.87) S&P:3750.77(-98.85) NASDAQ:13270.59(-355.46)
  • ドル円:104.253(+0.159) ロンドンFTSE:6503.04(-64.33) 香港ハンセン:28550.77(-746.76)

  • 騰落展望
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28197.42(-437.79) TOPIX:1838.85(-21.22) JASDAQ:182.69(-1.67)
  • ダウ平均:30303.17(-633.87) S&P:3750.77(-98.85) NASDAQ:13270.59(-355.46)
  • ドル円:104.253(+0.159) ロンドンFTSE:6503.04(-64.33) 香港ハンセン:28550.77(-746.76)

トライアングル(三角もみ合い) 値動き分析 5ステップ ガイド

プライスフォーメーション、値動き類型分析。

反転小トレンド発生の兆し?トレンド継続の調整?トライアングル(三角もみ合い)。

広告

トライアングルとは

(英)Triangle Formation

トライアングルは保ち合い相場の一種で、保ち合いレンジの振幅が徐々に減衰して三角形を描くような形のものを言います。

この時相場自体は停滞していますが、その裏で「トライアングル形を描く」と言う一つの心理(力)が働いていると見ることが出来ます。

つまり振幅の減衰は、次の動きを待つと言う心理の現れとも解釈できます。

広告

三角もみ合い 保ち合いの特徴

上昇してきた相場がもみ合いに入って、少し上値を切り下げてくると、買い方はいったん利益を確定する売りを仕掛けてきます。

この時、下値が切り上がってくるようなら、売り目線の投資家も更なる上昇の目を捨てられずにためらっていると考えられます。

こういう状態では利益を確定した買い方が再び買いを仕掛けることで上値は比較的簡単に更新されます。

トライアングルはこうした状況で発生します。

広告

三角もみ合い 保ち合いの種類

トライアングルには、シンメトリカル(対称)、アセンディング(上昇)、ディセンディング(下降)の3種類があります。

もみ合いにはトレンド転換型とトレンド継続型の中段もみ合いがありますが、トライアングル(三角もみ合い)はトレンド継続型の中段もみ合いです。

  1. アセンディング(上昇)トライアングルは上辺が水平ラインになるものと定義され、水平なラインはもみ合い時のレジスタンス・ライン、サポート・ラインと考えられます。
  2. ディセンディング(下降)トライアングルは下辺が水平ラインになるものと定義され、アセンディングと同様に水平なラインはもみ合い時のレジスタンス・ライン、サポート・ラインと考えられます。

トライアングルでは水平なレジスタンス・ラインやサポート・ラインを持ち、トレンドの転換に向けて値幅ラインが収束してゆきますが、三角もみ合いの中でもこの特徴が曖昧なものはペナント型に分類します。

  1. シンメトリカル(対称)トライアングルはペナントとも呼ばれ、上値ラインも下値ラインも中線方向に交差してゆくようなパターンを描き、水平なレジスタンスやサポートは不明確となりますが、この形に下から上昇トレンドで入ってきた場合はトライアングルの終了とともに上昇方向に…、逆に上から下落して入ってくるとトライアングルが崩れた時には下降方向にそれぞれトレンドが継続する可能性が強いと考えられています。

ちなみに、これらの三角もみ合いを抜け出すタイミングは三回目の振幅時となるケースが多いとされています。

上昇トライアングルは上昇トレンドの途中で調整や様子見が入ると現れます。

もみ合い後に上辺のレジスタンス・ラインを抜けると再び元のトレンドに戻ると解釈できます。

この逆のパターンが下降トライアングルで、下辺ラインがもみ合い時のサポート・ラインとなっており、このサポートラインを割り込んだ時に元のトレンドに戻ると考えられます。

広告

トレードのタイミング

上昇もみ合い・下降もみ合いそれぞれのレジスタンス・ライン、サポート・ラインを抜けたところが売買のシグナルとみなされます。

それぞれの利食いの水準はトライアングルに入った直後の最大振幅程度とされています。

広告

サプリメント ヒント

「中段保ち合い」はトレンド継続のパターンであるとされますが、もちろん中段保ち合いだからトレンド側にブレイクを見せれば今のトレンド自体は変わらないと判断できるわけではありません。

相場は思わぬ動きを多々見せるものです。

トレードに当たっては先入観にとらわれず、目の前の値動きを優先して注視すると言うことが大事です。


サイト内のヒントリンク

  1. ウェッジ
  2. フラッグ
  3. ペナント
  4. レクタングル
  5. ボックス相場
広告
広告

主要指標

日経平均28197.42(-437.79)
TOPIX1838.85(-21.22)
JASDAQ182.69(-1.67)
ダウ平均30303.17(-633.87)
S&P5003750.77(-98.85)
NASDAQ13270.59(-355.46)
ドル/円104.253(+0.159)
FTSE1006503.04(-64.33)
ハンセン28550.77(-746.76)

主要市場時計

最近チェックした記事

お知らせ

サイトからのお知らせは現在ありません。

広告