• ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29620.99(-130.62) TOPIX:1952.18(-6.37) JASDAQ:189.68(-0.10)
  • ダウ平均:33677.27(-68.13) S&P:4141.59(+13.60) NASDAQ:13996.09(+146.10)
  • ドル円:108.988(-0.050) ロンドンFTSE:6897.08(+6.59) 香港ハンセン:28855.83(+358.58)
広告

トリプル トップ 値動き分析 4ステップ ガイド

プライスフォーメーション、値動き類型分析。

天井確認のチキンレース?暴落、相場崩壊の兆し?トリプル トップ。

トリプル トップとは

(英)Triple Top

トリプル・トップはいわゆる天井形成パターンの一つで、上昇相場の終焉で三つのピークが特徴的なトレンドの転換相を描くものです。

これはダブル・トップやヘッド・アンド・ショルダーと類似したパターンで、トリプルトップの場合はこのうち、三つのピークの高さがほぼ同水準に並びます。

複数のピークで形成されるこれらのパターンはそれぞれ天井相場の過熱心理が見せる同種の動きの変形と解釈できます。

広告

トリプル トップの特徴

トリプルトップの見方や解釈もダブル・ボトムの変形とも、ヘッド・アンド・ショルダーの変形とも言えます。

ダブル・トップでは二つのピークの谷の部分(ネックライン)を価格が割り込んでくるとパターンが成立して相場が転換したと解釈しますが、トリプルトップはこれに一度失敗してもう一度ピークを描く状態であり、また象徴的なヘッドアンドショルダーのヘッドと呼ばれるもっとも高いピークを形成しそこなった形とも解釈できます。

複数のピークの形成は上昇圧力が弱まっている状態あるいは失われている市場心理を表しています。

三つの高値が同じくらいの山を形成もしくは、三つ目の山が一つ目の山より低く形成されると言う形状は市場の過熱感とその過熱感の終焉を象徴しています。

広告

トレードのタイミング

トリプルトップは広く知られた現象であるため、市場でも強く意識されており、これが現れると市場では相場の流れが変わったと判断して買い控えなどが起こります。

トリプル・トップの売買サインは、三つの山の間に出来た谷(ネックラインと呼ばれる水準)を割り込んだ時にトレンド転換が確定したと判断して売りサインと見なします。

また、ネックラインを割り込んだと言えるのは、価格が三つの山の頂点から底に描かれた二つの谷の深い方の底より低い水準にある状態です。

この形が明確に見られればかなりの高確率でトレンド転換の動きが起こります。

トリプルトップはダブルトップやヘッドアンドショルダーに比べて出現頻度は低いのですが、その分だけ天井反転シグナルとしての信頼性は高いと考えられています。

広告

サプリメント ヒント

トリプルトップが完成することなく崩れた場合、レクタングルのもみ合い相場となります。

トリプルトップ形成過程の見た目もレクタングルと紛らわしいものなので、この形だけを頼りにしてパターンを読もうとするのではなく、判断にはそれまでのトレンドの動きなども見る必要があります。

トリプルトップが確定して三つ目のピークからの下落が始まると、それが急に進むと言う特徴があります。

比較的大きなトレンドが転換する場合、無理してその難しい場面でトレードを仕掛けなくともその後にチャンスはあるとも思えますが、あえてこのチャンスを狙う場合にはこのパターンの完成や失敗に伴うその後の動きの経験上のパターンも理解しておく必要があります。


サイト内のヒントリンク

  1. トリプルボトム
  2. ダブルトップ
  3. ダブルボトム
広告

主要指標

日経平均29620.99(-130.62)
TOPIX1952.18(-6.37)
JASDAQ189.68(-0.10)
ダウ平均33677.27(-68.13)
S&P5004141.59(+13.60)
NASDAQ13996.09(+146.10)
ドル/円108.988(-0.050)
FTSE1006897.08(+6.59)
ハンセン28855.83(+358.58)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

サイトからのお知らせはありません。

広告