検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26422.05(+248.07) TOPIX:1868.80(+13.65) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:29225.61(-458.13) S&P:3640.47(-78.57) NASDAQ:10737.50(-314.13)
  • ドル円:144.447(+0.389) ロンドンFTSE:6881.59(-123.80) 香港ハンセン:17165.87(-85.01)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26422.05(+248.07) TOPIX:1868.80(+13.65) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:29225.61(-458.13) S&P:3640.47(-78.57) NASDAQ:10737.50(-314.13)
  • ドル円:144.447(+0.389) ロンドンFTSE:6881.59(-123.80) 香港ハンセン:17165.87(-85.01)
広告

ブレイクアウェイ ギャップ(窓)

プライスフォーメーション、値動き類型分析。

トレンド反転の兆し?ブレイクアウェイギャップ。

ブレイクアウェイ・ギャップとは

(英)Breakaway Gap

ブレイクアウェイ・ギャップのbreakawayとは分離すると言うニュアンスで、もみ合い相場から出来高を伴いながら放れることを言いますが、この時に窓を開けて現れる新しい相場をブレイクアウェイ・ギャップと言います。

これは新たなトレンドの始まりとなることの多い重要なパターンとされ、トレンドの終了や崩壊(トレンドブレイク)の際にみられるギャップで、通常重要な値動きの最後の段階で現れるためマーケットが大きな動きを始めるサインとされています。

広告

ブレイクアウェイ・ギャップの現れる相場

相場の頂点からの下落、あるいは底抜けといった大きな動きでみられ、またトレンド転換を示すような主要トレンド・ラインのブレイクの際にも、しばしばこのギャップが現れます。

たとえばマーケットが、ヘッド・アンド・ショルダーを完成してまさにネック・ラインを破る、あるいは横ばい時にネックラインを破る場合です。

広告

サプリメント ヒント

ブレイクアウェイ・ギャップの特徴は

  1. 重要なチャートパターンのあとに見られる。
  2. 通常埋められない、または埋められた場合でもまた同じ方向にトレンドが再開することが多い。
  3. ギャップそのものがレジスタンスやサポートの基準点となりやすい。

…などです。


サイト内のヒントリンク

  1. ギャップ
  2. コモンギャップ
  3. ランアウェイギャップ
  4. エグゾースションギャップ
  5. アイランドリバーサル
広告

主要指標

日経平均26422.05(+248.07)
TOPIX1868.80(+13.65)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均29225.61(-458.13)
S&P5003640.47(-78.57)
NASDAQ10737.50(-314.13)
ドル/円144.447(+0.389)
FTSE1006881.59(-123.80)
ハンセン17165.87(-85.01)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告