• 騰落展望
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29555.42(-612.85) TOPIX:1882.79(-43.44) JASDAQ:183.73(-3.06)
  • ダウ平均:31402.01(-559.85) S&P:3829.34(-96.09) NASDAQ:13119.43(-478.53)
  • ドル円:106.272(+0.089) ロンドンFTSE:6651.96(-7.01) 香港ハンセン:30074.17(+355.93)

スラストダウン プライスアクション 4ステップ ガイド

もう一つのローソク足分析、プライスアクショントレードの足形一覧。

更なる下落圧力増大の兆し?スラストダウン。

広告

スラストダウンとは

(英)Thrust_down

スラストダウンのthrustは押すと言う意味、downは下落と言う意味で、スラストダウンは相場を更に押し下げる、あるいは突き戻すバー(足形)です。

先発バーの安値を超えての後発バーの終値確定でパターン成立と言った解説が多いですが、相場を押し下げるイメージの足形である点から、後発側のスラストダウンバーは短すぎない、もしくは先発バーと似た長さの陰線であることも条件です。

たとえ先発バーの安値を下回った終値であっても後発のスラストダウンバーが陽線ならその意味あいも変ってきます。

また同様にヒゲの長い後発のバーが発現する場合も勢いを持って突き上げるイメージとは異なった印象となるため、注意が必要です。

スラストアップはその発生の定義・意義からしてヒゲは短めとされています。

酒田罫線にこれと類似する足形の定義はありませんが、強いて言えば形状はタスキ線が近いかもしれません。

但しタスキ線や行違い線は陰陽が対象する組み足なので形が近いだけでその意味合いはかなり異なります。

広告

スラストダウンの相場と予兆

スラストダウンは下落トレンド方向に更に強い市場の追認が働いたと見ることができ、更なる下落継続のプライスアクションバーと見ることが出来ます。

長く下落が続く場合や、大きく価格が落ち込む要素が出た時にこうしたスラストダウンがチャート状に頻繁に現れることが多くなるので、スラストダウンは下降順張りトレードの予兆と考えられます。

スラストダウンは強いトレンド継続暗示なので、買いの予兆、既に順方向にポジションがある場合には、保持継続や追撃的な売り足しの場面と見ることが出来ます。

広告

スラストダウンの市場心理

プライスアクションはサポート・レジスタンスラインを意識した足形の解釈が特徴です。

これは下位足より日足の場合に顕著になりますが、新しい日足が成熟する前は前日の高値・安値を目先の抵抗帯・支持帯として意識していると考えます。

このためスラストダウンの安値を下回る終値には当面のサポートとして意識されたラインを割って落ちる勢いが相場にあると言う意味づけができます。

つまりスラストダウンには「安くても売りたい」と言う強い相場下落意識があり、スラストダウン形の組足が連続したり、断続的に頻発するような相場では更なる先行きの下落観が見て取れます。

広告

サプリメント ヒント

スラストダウンの足形はタスキ形に線組みが重なるだけではなく、行違い線のように前後のバー同士が重ならないものも定義に含まれます。

但し、先発バーの安値と後発バーの終値の間の値幅が離れすぎている場合には、二本足組の合併で長大陰線を描いている場合もあり、二線の値幅に極端な乖離などがあれば。二線の合併足形を確認して下落の行き過ぎによる調整や反発の発生への注意も必要です。


サイト内のヒントリンク

  1. 線組み足形一覧
広告
広告

主要指標

日経平均29555.42(-612.85)
TOPIX1882.79(-43.44)
JASDAQ183.73(-3.06)
ダウ平均31402.01(-559.85)
S&P5003829.34(-96.09)
NASDAQ13119.43(-478.53)
ドル/円106.272(+0.089)
FTSE1006651.96(-7.01)
ハンセン30074.17(+355.93)

主要市場時計

最近チェックした記事

お知らせ

サイトからのお知らせは現在ありません。

広告