「三川」酒田五法 三川明けの明星と三川宵の明星

三川とは

「酒田五法」の「三川」とは三つのピークで形成される「トリプル・トップ」形を「三山」としたときの逆相である「トリプル・ボトム」のこととされます。

しかし「三山」の項でも述べているように、「酒田五法」の足形定義には幾つかの流派・流儀があるようで、トリプル・トップ形、トリプル・ボトム形のことを「三尊」「逆三尊」などと一つの位相のバリエーションのごとく表現する見方があるようなので、トリプル・ボトム形としての「三川」は「三山」の項で説明しています。

また足形としての有効性がやや疑わしい「酒田五法」の位相定義として「黒三川」と言うものがあるのですが、こちらも「赤三山」と呼ばれるものの対比形として紹介されるものなので「三山」の項に説明を置きました。

従ってここでは便宜上「三川」を「明けの明星」形と「宵の明星」形として説明します。

「明星」形は天井圏や底値圏で現れる「空」を含んだ足形形で、「空は酒田の骨子なり」とも言われていますが「罫線法」では本来高値圏や安値圏で「空」が発現すること自体トレンド転換の予兆とみられています。

また罫線法には「捨て子」と言うフォーメーションがあります。

「捨て子底」は超大陰線の発現に続いて、マドを空けて寄り引け同値の「同事線」が発現するとその後の相場が上放れて反転する可能性が高いとする罫線法です。 つまり同事線(主に十字線)が下方にポツンと取り残された形になるので「捨て子」なのですが、「同事線」自体非常にまれな現象と言う事もあって、「捨て子線」に「極線」(ごく短い実体の線)も含める方法が追加されたようです。

この極線「捨て子」のバリエーションとして本来の「明星」形が考え出された可能性もあります。

「明けの明星」「宵の明星」には「十字の明星」と言う直接「酒田五法」には属さない部類の足形があるようです。

これは長大陰線の後に短陰線が発現し、それに続けて「マド」を空けた十字線(上下ヒゲの長さが同じような同事線)が発現する形を「捨て子底」のバリエーションとしての「明けの明星」とし、さらにその対極形に長大陽線、短陽線と上伸し「マド」を空けて「十字線」を発現するものとして「宵の明星」を定義したものです。

どうやら昭和の中期以前の古い時代の罫線本には「三川」は単純にトリプルボトム形として書かれているようです。

少し時代が下った頃に書かれたと思われる日本の罫線史を謳った有名な本では、アメリカ由来と思われる「トリプル・ボトム」形の「三川」「三山」は「伝統的罫線法」の理に合わないとして先述の「黒三川」「赤三山」を「酒田五法」の本来形としていますが、その本自体疑わしい記載の多いものなのでその説には賛同しませんが、アメリカ罫線の影響でトリプル・トップとトリプル・ボトムの「三山」「三川」が生まれた後で、それが本来の「日本罫線法」とは違うと言う指摘などを意識する形で過渡的に「黒三川」「赤三山」のようなものが導入され、その導入が失敗したので(黒三川、赤三山の足形は統計的に検証して見てほぼ意味のないものに思えます)「三川明星」が導入された、あるいは今導入されつつあると言うのが「足形版酒田五法史」に対する個人的な印象です。

「酒田五法」の定義が今作られつつあると言うと妙な現象と感じられる向きもあるでしょうが、先の有名な罫線史の本などを見ていると、こうしたものは原典がないに等しいので、後から「実はいろいろ調べてみると古い時代はこうだった」程度の主張でそれなりに収まってゆくような印象もあるものです。

三川宵の明星

三川宵の明星は、上昇トレンドで長めの陽線が出現し、その次の線がマド(空)を開けて上放れした単線の陽線もしくは陰線となったもので、最後の線が陰線となって完成します。

上昇相場が、明星に当たる二本目の線を挟んだ三本足で売り買い勢力拮抗の保ち合い状態となって、その後下落局面に転換するとされます。

上放れてマドを開けた線の、次の線が陰線となると市場心理に上値抵抗感が出ていることを暗示しています。

二本目の線である明星線が出来高を伴ったもので三本目の線が陰線となれば売りシグナルとなります。

三川明けの明星

三川明けの明星は、長期の下落トレンドに長めの陰線が出現し、その次の足がマド(空)を開けて下放れした短線の陰線もしくは陽線となったもので、最後の線が陽線となって完成します。

下落局面にあった相場が、明星に当たる二本目の線を挟んだ三本足で売り買い勢力拮抗の保ち合い状態となって、その後上昇局面に転換するとされます。

下放れてマドを開けた線の、次の線が陽線となると市場心理に底打ち感が出ていることを暗示しています。

二本目の線である明星線が出来高を伴ったもので三本目の線が陽線となれば買いシグナルとなります。

三川上放れ二羽烏

上放れ二羽烏とは、長めの陽線に続いて、上放れて出現した陰線の後、さらに次の線も上放れて始まる陰線が現れて、その最後の陰線が一つ前の上放れ陰線を包む形のものを言い、高値圏での売り転換のシグナルとされます。

陽線の後に上放れて始まった足が失速し陰線で終了、更に次の足も始値はやや勢いを取り戻すものの失速します。
この失速感が上値の重さを暗示しているとされます。

この形には「三川」と言葉が冠されているのでこの項ではこうして「宵の明星」のバリエーションのように紹介していますが、これが「酒田五法」に属するものなのか、「三川」と言う名前だけを語呂感の良さから後付け的に借用したものなのかは実は不明です。
これが「酒田五法」に含まれるとする場合、これを「赤三山」形の一種と見るべきか、「宵の明星」のバリエーションと見るべきかと言う事でしょうが、個人的にはどちらもやや違っていると思われるため、「天井転換」形のイメージを強調するために単に「酒田五法」的に「三川」と冠したものなのかもしれない気がしています。

  三川のポイント

「明星」タイプの「三川」で重視する「空」は「マド」と言う言葉が古い罫線法には見受けられないと言うこともあって実体間の上方乖離、下方乖離と区別しない曖昧な表現の「放れ」と言う概念で罫線法では扱われていますが、これを二本の罫線間に取引されなかった価格帯が明確に存在すると言う意味の本来の「マド」として捉えると、その観察は特に高値圏や底値圏、と思われるラインでは意味を持つことだと思います。

「ギャップ」の理解はトレード感覚を磨く上でかなり大事なことです。

十字形、あるいは極線、完全な捨て子形に捕らわれず、最初に発現するギャップに注目した上で、その後のフォーメーションは印象でとらえてみて、似た印象の相場の位相を経験の中に出来るだけ多く蓄積してゆくことが後から実となる相場観の研鑽ではないかと思います。



 サイトからのお知らせ。
・09/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP