ローソク足 トレンド転換パターン 天井圏 10の足形

「天井転換パターン」のパターン

「天井転換パターン」とは上昇を続けた相場で大陽線が数本連続して発現する足形です。

「天井転換パターン」の上昇は十分な期間に渡っているものが理想で、連続する大陽線は上昇するように並ぶのが理想形のようです。

長大線(大陽線・大陰線)の定義は通常は直前の寄り引けレンジの三倍程度とされていますが、日経平均の場合ボラティリティが大きい時には二倍半程度でも長大線と見て良い場合があります。

「天井転換パターン」のトレード

基本的には大陽線の勢いが評価される上昇暗示なのですが、連続が三本程度続いた場合には「利食い」の位相、それ以上続くようなら過熱感を注意すべき足形とされます。

上昇継続目線と反落目線の両方を持っている位相ですが、五本以上の連続となると反転下落の可能性が高くなります。

大陽線の本数が増えてくる場合、高値圏の下落を狙って思い切ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「天井転換パターン」の市場心理

天井転換パターンは大陽線の勢いが市場を楽観的にしていると思われる足形です。

しかし、経験を積んだトレーダーは大陽線の連続に警戒感を持ち始めていると考えられます。

プロのトレーダーはこういう場面では利乗せの深追いをしないものなので、やがて利食い売りの模様が相場にも見えてきますが、そうした売りが過熱感と相まって急激な下落に繋がる可能性があります。

上伸の勢いと反転のムードを十分に見極める場面です。

  「天井転換パターン」 ポイント

大陽線の発現は上伸エネルギーを暗示する位相と見ることも出来ます。

「天井転換パターン」の足形の暗示の解釈には日柄の観察も大事です。

上昇が始まってからの若い相場であれば更なる上伸の可能性が高く、十分に伸びきったような日柄であれば反転の芽が出る可能性が高くなっていると言えます。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの高値抵抗ラインや高値圏で「天井転換パターン」が現れれば、利食いを行うタイミングであると考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・02/17日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP