検索したいキーワードを入力してください。

広告

つたい線のうち返し

天井圏に現れたら注意すべき酒田罫線「つたい線のうち返し」

更なる上伸予兆に見えても反転暗示の足形。

「つたい線のうち返し」の足形パターン

「つたい線」とは直前線より値を下げて出現する陰線の連続で、普通は上昇相場で値を下げてゆく状態のものを言います。

直前線を続く線が「つたう」ようにずり落ちてゆく様子を喩えた名称です。

「つたい線のうち返し」はこの「つたい線」を形成する陰線連続の後に大陽線が出た足形で、つたい落ちる陰線の弱気を一気に打ち返すイメージです。

陰線が単に並ぶのではなく、直前線より安寄りして陰線が並ぶと言う定義になっています。また「つたう」と言うイメージから並んだ陰線は直前線と実体の一部が重なっていると言う定義を付加しているものもあります。当サイトも基本的には直前線と実体の一部が重なっていると言う定義をとりますが、そうでないものでも同様の動きを描くケースが多々あることを含んでおくべきです。

広告

「つたい線のうち返し」のトレード

「つたい線のうち返し」は下押ししたのちに勢いのある陽線が現れているので、一見更なる上昇を予感させる位相ですが天井圏や高値圏で出現した場合は陰転、売りの予兆とされています。

但し天井の見極めがつかないような場面では押し目調整と言う事もあり得ます。

トレンド転換狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

高値圏の短期的な下落を狙って思い切ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

広告

「つたい線のうち返し」の市場心理

つたい線のうち返しは高値圏で出現した場合には「つたい線」に反応した買戻しが入ったと考えられます。

大陽線は反転下落を心配しているトレーダーに安心感を与えるかもしれませんが、過熱相場であり出るべき場面とは思えない場面で現れた大陽線は更なる買いによる利益を乗せたいと考えているトレーダーが「つたい線」の安値感に衝動的に飛びついたものと思われ、この陽線で過熱感が飽和したと捉えることが出来ます。

冷静なトレーダーはこの後反転を警戒して、迂闊に手を出せない位相です。

広告

「つたい線のうち返し」のサプリメント ヒント

大陽線の出現はトレーダーに「最後の抱き陽線」と同様の反転を予感させますが、それが新たなニュースなどの好材料からのものであれば今少し天井圏・高値圏が継続することも考えられます。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの高値抵抗ラインや高値圏で「つたい線のうち返し」が現れれば、その出現からさほど遠くない時期に相場は反転を見せる確率が高いと考えられています。

主要指標

日経平均28930.33(-11.81)
TOPIX1994.52(+4.02)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均33795.43(-203.61)
S&P5004237.81(-45.93)
NASDAQ12741.55(-223.78)
ドル/円137.13(+1.273)
FTSE1007558.67(+16.82)
ハンセン19773.03(+9.12)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告