• 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:26739.03(+336.19) TOPIX:1877.37(+17.29) JASDAQ:164.28(-0.47)
  • ダウ平均:31261.90(+8.77) S&P:3901.36(+0.57) NASDAQ:11354.61(-33.87)
  • ドル円:127.913(+0.117) ロンドンFTSE:7389.98(+87.24) 香港ハンセン:20717.24(+596.56)
広告

上げの三ツ星

上昇相場で現れたら注意すべき酒田罫線「上げの三ツ星」

揉みあい語の上方ブレイクを暗示する足形。

「上げの三ツ星」の足形パターン

「上げの三ツ星」は上昇相場で短線が三本連続する足形です。

値動きがほとんどないような短線(極線)が現れた状態を「星」と呼びます。

短線の定義については明確なものはありませんが、おおむね直近の罫線実体の平均値幅に対して三分の一以下のものと考えれば良いと思います。

ここで言う星は実体値動きの少ないもの(短線)、実体値動きのほとんどないもの(極線)、実体値動きの全くないもの(同事線)などが極線中心に並んだ形で、必ずしもそれが三本でなくてもよいと考えます。

但し、「上げの三ツ星」では、極線をいくつか含んでいる方がより足形のシグナルは明瞭です。

広告

「上げの三ツ星」のトレード

「上げの三ツ星」の短線三本は一種の「保ち合い」相場と考えられます。

こうした上昇トレンド途中の消極的な「保ち合い」は多くの場合、揉みあった末に上方にブレイクすると考えられているため「買い」の場面とされます。

セオリ通りにトレードを行うなら、最後の短線の高値付近で「買い」でしょうが、市場に材料が出れば小反落や短線三本以上の「保ち合い」継続も十分考えられるので、そうしたケースにも心構えを持ってポジショニングをすることが必要です。

広告

「上げの三ツ星」の市場心理

「保ち合い」状態は迷いや様子見です。

つまり市場が次のチャンスを伺っている状態です。

ここで、何らかの新たな材料が見え隠れすると、それに反応した反落方向へのブレイクや小反落が起こります。

また景気報道などに「天井打ち」の観測が見え隠れしているような上昇トレンドが十分成熟している相場なら市場の天井打ち懸念に乗った反落や実際の「天井打ち」もありえる足形です。

広告

「上げの三ツ星」のサプリメント ヒント

「ローソク足形集」や「保ち合い」のフォーメーション集などを見ていると「保ち合い」からのエントリーはパターン化されたトレードを想像しがちですが、「保ち合い」相場のブレイク判断はさほど容易ではなく、経験を要するものです。

予想に反した動きに対処する心構えを持つことで、如何に少ないコストで経験を積むかと言う工夫も大事です。

主要指標

日経平均26739.03(+336.19)
TOPIX1877.37(+17.29)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均31261.90(+8.77)
S&P5003901.36(+0.57)
NASDAQ11354.61(-33.87)
ドル/円127.913(+0.117)
FTSE1007389.98(+87.24)
ハンセン20717.24(+596.56)

主要市場時計

お知らせ

ただいま、休日メンテナンス中です。

※一部に不具合が起こることがあります。

最近チェックした記事

広告