検索したいキーワードを入力してください。

広告

下放れタスキ ローソク足 4ステップガイド

下落相場で現れたら注意すべき酒田罫線「下放れタスキ」

トレンド継続のための調整を暗示する足形。

「下放れタスキ」の足形パターン

「下放れタスキ」は下落相場で直前の足形に対して窓を空けて発現した陰線(下放れ陰線)に続いて、その「下放れ陰線」に「タスキ線」となる陽線が発現した足形です。

「タスキ」とは直前の陰線の後、その実体に対して高めに寄り付いた陽線直前陰線の高値以上の引け値となる足形で、二本の足形のはすかい型をタスキを掛けた形状に見立てたものです。

つまり「下放れタスキ」は直近の足形に対して下放れて発現した陰線からなる「タスキ線」です。

広告

「下放れタスキ」のトレード

「タスキ線」そのものは短い戻りと考えられます。

ここに下放れた陰線が加わるとイメージは上昇反転しそうですが、下放れた陰線を見た投資家が調整に入ったと考えられるので、やはりトレンド継続のための調整とみるのが無難でしょう。

もちろん発現位置が底値付近なら反転シグナルと言うシナリオも十分あり得ますが、特に停滞気味の相場で現れたら戸惑い払拭、ボックスブレイクのサインとも考えられます。

広告

「下放れタスキ」の市場心理

「タスキ線」は一時的な迷いの払拭、あるいはそうした心理によるポジション調整意欲の一時的なブームと考えられます。

投資家は下放れたのを見て値頃感やブレイクアウトを予期して買いを入れますが、上級者はトレンドの終了は見えていないので「戻り目」の「売り場」と映る可能性の高い場面です。

そうした資金力のある投資家が売り行動に出ると、一般投資家もそれに従わざるを得ないようなチャート形を目の当たりにすることになり、ついには弱気相場が継続してゆくと考えられます。

広告

「下放れタスキ」のサプリメント ヒント

一定期間トレンドが継続していると反転利益を狙いたい気持ちが募って、そうした焦りが値頃感を勝手に作ってしまいがちなものです。

反転を待ち望む気持ちが募っていればいるほど、ついつい衝動的なトレードに誘われがちな「下放れタスキ」のような一見反転しそうで (実は)調整戻しの足形には注意が必要です。

主要指標

日経平均28010.93(-953.15)
TOPIX1899.45(-47.11)
JASDAQ182.86(-2.38)
ダウ平均33683.68(+393.60)
S&P5004194.53(+28.08)
NASDAQ14001.42(-28.95)
ドル/円110.261(+0.049)
FTSE1007024.89(+7.42)
ハンセン28489.00(-312.27)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告