• ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29025.46(-43.17) TOPIX:2019.23(-4.70) JASDAQ:188.43(+0.20)
  • ダウ平均:35294.76(+382.20) S&P:4471.37(+33.11) NASDAQ:14897.33(+73.91)
  • ドル円:114.328(+0.051) ロンドンFTSE:7234.03(+26.32) 香港ハンセン:25200.62(-130.34)
広告

下落途上の連続タスキ ローソク足 4ステップガイド

下落相場で現れたら注意すべき酒田罫線「下落途上の連続タスキ」

一時的な戻りと見なされトレンド継続を暗示する足形。

「下落途上の連続タスキ」の足形パターン

「下落途上の連続タスキ」は下落相場で連続して下値を切り下げてくる数本の陰線群の直後に出現した陽線が直前相場にタスキをかけた足形です。

「タスキ」とは直前の陰線の後、その実体に対して高めに寄り付いた陽線直前陰線の高値以上の引け値となる足形で、二本の足形のはすかい型をタスキを掛けた形状に見立てたものです。

ここで言う「連続」とは連続した陰線群、あるいは切り下げ型の陰陽線群のことで、この連続線群に対して「タスキ線」に見立てられる陽線が出現したと言う意味です。

広告

「下落途上の連続タスキ」のトレード

「売り」のシグナルとされていて、「下落途上の連続タスキ」は下落トレンドにおける一時的な戻り現象と見なされるようです。

なんらかの明らかな反転材料が見うけられない場合は原則としてトレンド継続と見るのが無難です。

また、こういう足形が現れること自体、市場に思惑が交錯している可能性もあり、明確な追加材料がなければ短期的なエントリーを前提にするのが無難です。

広告

「下落途上の連続タスキ」の市場心理

安値感が市場で意識されるようになり買いやすいムードになるとこのような足形が現れやすくなります。

つまり値頃感から買いが入ったものが、同様の心理の参加者を誘い一時的なブームを形成したものと思われます。

広告

「下落途上の連続タスキ」のサプリメント ヒント

値頃感だけを頼りに判断していると、こういう場面で一時的なブームについ誘われて乗ってしまうことがあります。

また、値頃感だけに夢中になってエントリーのタイミングを待っていると、大事な材料をいくつも見落として更なる大暴落に巻き込まれると言う事もあります。

主要指標

日経平均29025.46(-43.17)
TOPIX2019.23(-4.70)
JASDAQ188.43(+0.20)
ダウ平均35294.76(+382.20)
S&P5004471.37(+33.11)
NASDAQ14897.33(+73.91)
ドル/円114.328(+0.051)
FTSE1007234.03(+26.32)
ハンセン25200.62(-130.34)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告