検索したいキーワードを入力してください。

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28804.85(+96.27) TOPIX:2002.23(+1.42) JASDAQ:188.11(+0.32)
  • ダウ平均:35677.02(+73.94) S&P:4544.90(-4.88) NASDAQ:15090.20(-125.49)
  • ドル円:113.477(-0.487) ロンドンFTSE:7204.55(+14.25) 香港ハンセン:26126.93(+109.40)

  • 今日は取引所休場日です。
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28804.85(+96.27) TOPIX:2002.23(+1.42) JASDAQ:188.11(+0.32)
  • ダウ平均:35677.02(+73.94) S&P:4544.90(-4.88) NASDAQ:15090.20(-125.49)
  • ドル円:113.477(-0.487) ロンドンFTSE:7204.55(+14.25) 香港ハンセン:26126.93(+109.40)
広告

入り首線 ローソク足 4ステップガイド

下落相場で現れたら注意すべき酒田罫線「入り首線」

売り線とされるものの、後続線を見て方針を決める線とされる足形。

「入り首線」の足形パターン

「入り首線」は下落相場の陰線の下方に寄り付いた後、陽線となって値を戻すものの結局陰線の終値を少し超えたあたりで終値を付ける陽線の足形を言います。

見た目の戻りの強さによって、この種の足形罫線は四種類に分類されています。

四種類とは、陰線の下方で寄り付いて戻すものの陰線終値ラインまで戻すか戻さないかで終値を付けるものを「アテ首線」、前回陰線終値をやや越えたあたりで終値を付けるものを「入り首線」、実体が比較的長く前回陰線実体の中央あたりで終値を付けるものを「差し込み線」、中央を越えて前回陰線の始値近くまで戻すものを「切込み線」としています。

「アテ首」「入り首」の「首」とは陽線実体の頭部のことで、この部分が前回陰線実体下部に対して「先っぽが触れる」「先っぽがやや侵入する」と言うニュアンスに喩えています。

陰線下方から上昇してくる四種類足形の分類は必ずしも明確な定義はなく、見た目の勢いのフィーリングで分類されているものと思われます。

「アテ首線」「入り首線」の実体の長さは短いとされていますが、ここで言う「短い」とは実体の上伸力が弱いと解釈できる長さと考えると良いと思います。

広告

「入り首線」のトレード

「入り首線」は戻りを形成しようとする足形ながら、戻りのポテンシャルは弱いものです。

ここは追撃売りの場面と捉えられていますが、罫線法では「入り首線」の次に来る線が陽線実体の始値を下回ったら「売り」としています。

「売り場」とか「追撃売り」と言うのは戻り調整を終えて下落トレンド復帰と言うより、更に強い下落が続くと言ったニュアンスにとれます。

しかし、別の理由で上伸力が弱く見えただけかもしれない一本の足形だけを持って大チャンスのように受け取るのではやはり現実的なトレードではないでしょう。

売り目線で下落を狙いつつも、下落相場を補強する足形や材料を確認しながら、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

広告

「入り首線」の市場心理

下落中の相場で下放れて寄り付くこと自体、市場の落胆を誘うものです。

そこで一転して上昇を始めて陽線を描き出すと市場は期待します。

ところが上昇は前回陰線あるいは陰線群の下落を大きく取り戻すにはとても至らないと言うムードで引けることで、そこまでの下落相場にあてた売りポジションの利確の買い調整に留まったとみられ、特に材料がなければ買い継続となりますが、上昇期待を裏切られた分下落の勢いがやや増すことも考えられます。

広告

「入り首線」のサプリメント ヒント

戻りのハプニング的に保ち合いにもならずに通り過ぎるような罫線です。

上手く「入り首線」の終値あたりで「売りポジション」がつかめれば「戻り売り」の場面となると言ったほどの足形の意味だと思われます。

翌日、「入り首線」の下値を下回ったところで「売り」と言う場合なら「戻り」の再現にも注意が要ります。

主要指標

日経平均28804.85(+96.27)
TOPIX2002.23(+1.42)
JASDAQ188.11(+0.32)
ダウ平均35677.02(+73.94)
S&P5004544.90(-4.88)
NASDAQ15090.20(-125.49)
ドル/円113.477(-0.487)
FTSE1007204.55(+14.25)
ハンセン26126.93(+109.40)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

ただいま、休日メンテナンス中です。

※一部に不具合が起こることがあります。

最近チェックした記事

広告