ローソク足 トレンド転換パターン 底値圏 10の足形

「底値転換パターン」のパターン

「底値転換パターン」と言うのはは下ヒゲノない陽線で「陽の寄付き坊主」とも言われます。

罫線で言う「坊主」はヒゲのない実体のことで「陽の丸坊主」と言うヒゲの一切ない陽線も下ヒゲがない陽線なので「底値転換パターン」です。

「底値転換パターン」は上昇相場でも天井圏でも現れる可能性がありますが、この項で説明する「陽転暗示」の「底値転換パターン」は安値圏や下落トレンドのいきなり発言した「寄付き坊主」です。

僅かでも寄付きや引けから安値方向あるいは高値方向に値動きがあれば坊主罫線の成立条件は崩れます。
従って、流動性の高い相場では坊主罫線はさほど現れにくいものと言えます。

一定の流動性を持った相場では市場のステージや様子にもよりますが、極端に短い状態でとどまったヒゲなどを持った罫線の場合、市場心理の意味合いとしては「底値転換パターン」と見なすことのできるものがあると考えておく必要があると言えます。

「底値転換パターン」のトレード

「底値転換パターン」の形状は強気一辺倒にみえるようにこの足型は比較的大きなサイクルの反転を暗示していると考えられるものです。

従って原則としては「買い目線」と考えられますが、たまたま入ってきたニュースなどに反応してこの相が現れた可能性もあり、その場合その後にもみ合ったり場合によってはもう一度「底」が形成されるということも有り得ることなので、ニュースなどの材料や相場の状況を見極める必要のある場面です。

トレンド転換狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポ思い切ってジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」の市場心理

底値転換パターンの発現はトレーダーの強気転換期待を誘うものです。

相場の停滞後に下値を探ることなく上伸した罫線が現れたと言う事は、この罫線が現れるまでの停滞が悪材料や含み損のある玉の整理が進んだと考えられます。

こうした見方から判断すると停滞期間は長いほど市場の懸念が払拭されているとも考えられます。

一定の停滞期間に対する脱出感が市場に広まれば、それによって市場心理は上昇期待を膨らませますが、市場が突然現れた底値転換パターンに対する見極めを行う可能性があるため、市場はしばらく様子見のレンジ相場となる可能性もあります。

  「底値転換パターン」 ポイント

値頃感・安値感が定着しつつあるとは言え、それまでの相場のプロセスによっては損玉の整理や懸念材料の払拭が十分でない状態で、ムードだけで下ひげを出さない陽線が発現するケースもあり得ます。

そうした場合にはさらに停滞が続いたり、もう一段の下げ局面が現れたりすることもあります。

ともあれ、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値支持ラインや底値圏で「底値転換パターン」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期にベクトルが一旦反転する確率は高いと考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・03/26日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP