ローソク足 トレンド転換パターン 底値圏 10の足形

「底値転換パターン」のパターン

「差込み線」とは陰線の発現後に下放れて寄り付いた陽線が現れて、その陽線が最初に現れた陰線の実体内で引値を付ける足形です。

「差込み」の名称は陽線が下方から陰線実体内に挿入されるイメージから命名されたものです。

酒田罫線の足形の名称にはこうした俗な発想のネーミングが多いとされ、そのことが酒田罫線の考案者が本間宗久ではないとする説の一つの根拠になっているようです。

「底値転換パターン」は下落相場もしくは安値圏で「差込線」が短い間に二度現れる足形を言います。

二度目の「差込み線」が発現するのは一本目の発現の数本あと程度とされます。

また、二度目の「差込み線」は上昇トレンドの発生する前に現れると言う事になります。

「底値転換パターン」のトレード

「底値転換パターン」が下落局面あるいは下値圏で発現した場合その後に相場は上昇すると考えられます。

また続けて「マド」を空けた上昇があったと言う事で、この形状を反発の象徴と捉えることが出来ます。

原則として「底値転換パターン」は「買い」目線でのトレードのシグナルと言う事になります。

「差込み線」は単独で発現しても上昇シグナルとされますがこれが短い間に二度出ると言う事で更に強いシグナルと考えられますが、同じ相が二度出ると言う事は一度目の予兆の実現が失敗したとも捉えられるため二度目の失敗にも一応の注意は必要です。

大底を想定したトレンド反転狙いなら、焦らずその模様を暫く見定めた上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポジションを持つ場合には、思わぬアクシデントに備えて気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」の市場心理

直前相場から下放れて寄付きその後に上昇して引けると言う事は、寄付きの価格水準がそれ以上の下落に反発していると考えられます。

その価格水準に値頃感や安値感があるためとも思われますが、同じ現象が繰り返されると言う事は二度の下放れた寄付き値のあたりに反発支持線が意識されている可能性もあります。

「底値転換パターン」の二本の差込み線はテクニカルやチャート形状からラインとして意識されていると考えられるため、それ以上の下落は起こりにくく値動きは情報に反発すると予想できます。

  「底値転換パターン」 ポイント

同じ意味を持つ足形が二度発現したと言う事でラインが意識された可能性があると言う事は、そのラインが下方にブレイクされれば相場はもう一段の底や、更に下方の支持ラインを確かめると言う事になります。

相場は生き物なので過去の類型で比較的多く発生している現象と言えども同様のシナリオが毎回発生するものではありません。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値水準や底値圏で「底値転換パターン」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期にベクトルが反転する確率は高いと考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・07/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP