ローソク足 トレンド転換パターン 底値圏 10の足形

「底値転換パターン」のパターン

「底値転換パターン」は下落相場において揉み合い気味の相場が続き、その後に小幅に上放れて陰線を発現する形状の足形です。

「底値転換パターン」の上放れ陰線は底値状の変化に乏しい相場に対してそれぞれギャップを空けた足として出現しています。

「小幅上放れ」の意味はギャップ、つまり一本目罫線の上ヒゲと二本目罫線の下ヒゲに重複しない隙間があるものと考えられますが、解説書などによってはヒゲ同士は重複しても実体同士の乖離を持ってこの足型を図説しているものもあります。

この項目では「小幅上放れ」とは一本目上ヒゲと二本目下ヒゲが重複しないいわゆるギャップであることが基本と定義しますが、下落の勢いなどによってその隙間は実体同士の「放れ」であってもギャップ形成で示されたのと同様の結果となるような場面が往々にしてあると言うことも理解しておくべきです。

「底値転換パターン」のトレード

「底値転換パターン」は底値圏と思われる相場から上放れて寄り付いた後陰線で終わったとは言え過去足のレンジまでは戻していないことから上昇の予兆と捉えることのできる位相です。

従って原則としては「買い目線」と考えられますが、その後にもう一度「底」が形成されるということも相場では有り得ることなので、直前の揉み合い相場で底を打ったと考えられるとは言え材料や状況を見極める必要のある場面です。

トレンド転換狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポ思い切ってジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」の市場心理

停滞相場の後に上放れて値がついたと言う事は弱気相場からの脱出を予感しますが、それが陰線に終わったと言う事は早めの利食い売りが出たことが考えられます。

つまり「上放れ」した陰線にはまだそれ以上の上昇に対しては迷いや疑いもあると言う事です。

こうした相場では上昇期待も中くらいで、迷いが払しょくできていない可能性があるので、大きなトレンドの発生はさほど確率は大きくないかもしれません。

一旦上昇してもその後の停滞や再下落の波をしばらく繰り返す可能性もあります。

早め早めの利食いと言った迷いが払拭できる動きや材料が確認できない限りすんなりとは強気相場とはならず底打ちには今少し行ったり来たりがあるかもしれません。

  「底値転換パターン」 ポイント

原則として底値圏における揉み合い相場を引きずっている可能性があります。

このまま強気に転じる可能性も十分あり得ますが、罫線家たちの経験上、「底値転換パターン」が現れれば、上昇視線ではあるもののしばらくは長期ポジションを見据えたトレードには躊躇する確率の高い相場であると考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP