ローソク足 トレンド転換パターン 底値圏 10の足形

「底値転換パターン」のパターン

「底値転換パターン」は陰線主体の下落相場で大陰線に続いてその大陰線の実体の値幅の中に納まる形つまり「孕まれる」形で陰線が発現する足形を言います。

「はらみ線」とは過去線の実体内に直前線の上ヒゲから下ヒゲまでの値幅が収まる線組み(孕んだ形)を言います。

但し解説書によっては「はらみ線」を一本目の実体の中に二本目の実体が収まるものと言う定義のものもあります。

その場合は一本目の実体の中にヒゲが収まってないケースで図説されています。

「酒田罫線」の足形定義は複数の解釈があり、また「酒田罫線」の原典と思われるものも不明なため、できれば多くの書籍を比較して納得できる定義を慎重に選ぶと言う作業が必要です。

このサイトでは「はらみ」は過去足の実体内に直近足の上ヒゲから下ヒゲまでの線形が収まる形を基本と考えますが、実体内にヒゲが完全に収まってないものでも「底値転換パターン」で示されたような結果の動きを見せるケースも多々見受けられると言うことも意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」のトレード

大陰線の実体に収まる形で中陰線あるいは小陰線が発現するのは、前日の終値より高く始まった相場が陰線になったとは言え前日の終値よりは高く引けたことを示しています。

このため、直近の下げを押しとどめたとも捉えることが出来、基本的には上昇に転ずる可能性の高い場面と考えられますが、ここは今少しこの後に続く相場を見てから判断する方が無難かもしれません。

このまま揉みあいが続いたり、この後の材料によっては更にもう一段の下落が起こる可能性もある場面です。

比較的長いサイクルを想定したベクトル反転狙いなら、焦らずあと数本罫線を観察した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」の市場心理

「底値転換パターン」の形状は過去足の大陰線に見られる下落は小休止したものの、陰線が連続中と言う点を考えれば気迷いムードは抜け切れていないとも考えられます。

取りあえずは大陰線の終値より上方で始まり、前回終値より上方で引けたと言う事になりますが、大陰線の始値には届いていない状態です。

しかし、冷静に見れば前回足の大陰線の下落は継続しなかったわけで、これが下値圏や底値圏で発現した場合、ポジションの整理が一定程度行われていることも考えられます。

需給は調整されつつあると考えられるので、この後過去足の大陰線の始値や高値を超えるような陽線が現れれば底を確認しての反転と捉えることが出来る可能性が大きいと言えます。

  「底値転換パターン」 ポイント

陰線が連続している状態ではまだ、市場の様子見感や気迷い感が払拭されていないことも予想され、隠れた悪材料などの露呈によって停滞や更なる下落と言う事もあり得ます。

過去には同様の類型でベクトル転換が発生しやすいと言えども気迷いがある限り僅かな悪材料で思わぬ動きも考えられます。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値水準や底値圏で「底値転換パターン」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期にベクトルが強気に転ずる確率も高いと考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・07/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP