ローソク足 トレンド転換パターン 底値圏 10の足形

「底値転換パターン」のパターン

「底値転換パターン」は下落相場にあって、比較的短い陽線が現れたのに続いて陽線の抱き線の形で陰線が現れた状態です。

「抱き線」とは「包み線」とも呼ばれ、過去の罫線を後の罫線の実体が包み込む形、つまり一本目の罫線の上ヒゲから下ヒゲまでを二本目の罫線の実体が包む状態を言います。

「抱き陰線」は後から現れた陰線がその前の罫線を包んだ状態、「最後の」はベクトル転換点を表しています。

このサイトでは「抱き線」「包み線」は二本目の実体の中に一本目の上ヒゲから下ヒゲまでを含む形としていますが、ネットなどの解説の中には二本目の実体の中に一本目の実体を包んだ状態とするものもあり、その定義には曖昧な部分もあります。

一本目の上下ヒゲが二本目の実体に完全に収まっていない場合でも「底値転換パターン」の示す傾向通りの結果をもたらす相場もあると言う事を意識しておくことが必要です。

「底値転換パターン」のトレード

「底値転換パターン」に見られるような罫線の長短・陰陽の不規則な発現は市場の迷いを表しているとも解釈できるため、注意が必要です。

様子見と言うのが一つの手ですが、ベクトルの反転も確率的には期待できる場面であり反転狙いと言う選択も十分考えられます。

中期以上のベクトル転換狙いなら、焦らずその模様を様子見、確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」の市場心理

「底値転換パターン」に現れる陰線に包まれた比較的短い陽線は、経験豊かな投資家が相場の反転を予想して小口の玉を建てて「買い」の反応を試している状態とも考えられます。
いわゆる「打診買い」と言うものです。

この「打診買い」のあとに現れた陰線はその始値を「打診買い」の陽線終値の更に上方に付けており、短い陽線で相場が変化すると期待する市場心理が見て取れます。

その後の陰線の発現は反転に対する疑いや悪材料の残影などの心理を映したものとも考えられますが、市場心理としてはすでに期待感の方が優勢と見ることが出来、悪材料の出尽くし感や市場価格の割安感が出始めている状態と考えることもできます。

  「底値転換パターン」 ポイント

小さく発現した陽線は「打診買い」の可能性があるものの、その打診買いの失敗や「打診買い」以外の理由で起こった現象である可能性も十分あります。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値支持ラインや底値圏で「底値転換パターン」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期にベクトルが一旦反転する確率は高いと考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・07/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP