ローソク足 トレンド転換パターン 底値圏 10の足形

「底値転換パターン」のパターン

「底値転換パターン」は「下位の底値転換パターン」とも呼ばれる足形で、下落相場あるいは底値圏で五本連続で陽線が発現することです。

「底値転換パターン」の直前の下落相場を受けて一本目の陽線で下げ止まり、そのまま上昇も下落も曖昧な持ち合い気味の相場が続く状態です。

陽線の五本連続はあくまでも目安で、本数は五本以下の連続や五本以上の連続でも「底値転換パターン」の罫線定義で示されているのと同様の相場が訪れる可能性があります。

但し、三本四本と言った五本に満たない本数で終わって次に陰線が発現したような場合には「底値転換パターン」が招き寄せると想定される相場は不発で終わる可能性もあります。

「底値転換パターン」のトレード

「底値転換パターン」の五本の陽線は特に底値圏で現れると陽転の上昇機運と考えられ「買い」の足形と考えられています。

但し、陽線本数の不完全な発現で未熟のまま一旦リセットする可能性や停滞相場であるためにニュースなどの材料次第で勢いは崩れやすいとも考えられるので、買い建ての判断には注意が必要です。

トレンド転換狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙って思い切ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

「底値転換パターン」の市場心理

レンジ内で陽線が続いていると言う事は、毎日終値の時点では強気の様相が見られるのにもかかわらず、翌日の寄付きでは一旦下げていると言う状態を繰り返していることになります。 寄付きの水準では安値感値頃感が市場に広がっているにもかかわらず、引け後に毎回安値感が薄れているということで、市場や相場には強気ムードに転じたとは言い切れない要因があると考えられます。

市場は根底では陽転を意識しつつも、その相場転換のきっかけの訪れを様子見している可能性があります。

行って来いの相場から、ある程度明確な上値がつけば一気に強気ムードが定着する可能性があるわけです。

但しレンジを離れた上値の付き方などに明確な上昇位相が感じられない場合などは、一段高い価格帯でふたたび相場が停滞したり、場合によっては再調整が起こる可能性もあります。

  「底値転換パターン」 ポイント

陽線が何本も連続すると言う珍しい現象は、たとえそれがレンジ内に留まっていようとも、チャート観察者であるトレーダーの潜在意識には明るいイメージを植え付けていると考えられ、原則として市場は強気ムードに傾くと思われますが、レンジが停滞していると言うもう一つのポイントに目を向けると、その停滞の期間や内容によっては陽転が見送られることも考えられます。

そうした場合にはさらに形を変えた停滞が継続したり、もう一段の下げ局面が現れたりすることもあると思われます。

ともあれ、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値支持ラインや底値圏で「底値転換パターン」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期にベクトルが一旦反転する確率は高いと考えられています。

ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (1)


ローソク足とは
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (2)


陽線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (3)


陰線の足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (4)


同事線足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (5)


線組み足形一覧
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (6)


ア行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (7)


カ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (8)


サ行のサイン型①
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (9)


サ行のサイン型②
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (10)


タ行のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (11)


ナ行~のサイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (12)


酒田五法サイン型
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (13)


底値転換パターン
ローソク足の足形と組合せサイン一覧 (14)


天井転換パターン
広告


 サイトからのお知らせ。
・05/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP