検索したいキーワードを入力してください。

広告

捨て子底

底値圏に現れたら注意すべき酒田罫線「捨て子底」

処理に困った買い玉が一応清算されて上昇へ向けた調整終了が暗示される足形。

「捨て子底」の足形パターン

「捨て子底」は陰線主体の下落相場で陰線に続いて「マド」を空けて十字線が出現する足形を言います。

「十字線」とは「寄り引け同値線」「同事線(同時線)」等と呼ばれるものの一種で実体部分の値幅のないものつまり寄り値と引値が同じ値を付けた罫線のうち上ヒゲと下ひげを持ち、それぞれのヒゲの長さが似たようなもの(十字形のもの)の事です。

「明けの明星」の「星」が「寄り引け同値」になったものと同様の形です。

「同事線」や「十字線」は閑散とした相場や流動性の低い商品の相場で表れやすいものなので、流動性の高い銘柄や金融商品の相場では、「コマ足」と呼ばれる実体の短い罫線の中の極端に実体の短いものをこの「捨て子底」含める場合もあります。

また「十字線」が「見捨てられた」ように見える「マド」は原則として二本の罫線の間でそれぞれの上ヒゲから下ヒゲまでの線形レンジが重複しないと言う事が原則ですが、ヒゲの部分が重複していても実体が同士が十分に離れていたり、ヒゲの重複が小さいものを「捨て子底」とする図説を用いている解説書もあります。

このサイトでは「マド」は上ヒゲから下ヒゲまでレンジ間のギャップであることが基本と考えますが、流動性の高い商品では「十字線」の出現頻度が極めて低い場合もあるため、実体同士の値幅間に出来た空白が「マド」と考えられるような状況も多々ありうると言うことを意識しておく必要があります。

広告

「捨て子底」のトレード

「コマ足」や「十字線」のような実体の短い足が直前の罫線から「マド」を空けて出現するのは、処理に困った買い玉が捨てられた、つまり投げ売りされることで買い手の思惑で約定した状況と考えられます。

このため累積した買いポジションが一定程度清算されたとみて、やがてベクトルが転換することが予想されます。

但し、このような相場が更にマドを空けた下落を今少し繰り返すと言ったこともあり得ます。

比較的長いサイクルを想定したベクトル反転狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

広告

「捨て子底」の市場心理

「捨て子底」の形状は相場の下落圧力に屈して少しでも有利な値段で売り抜けようとする希望を捨てて、そうしたトレーダーが成行き売りに走ったことの表れと捉えることが出来ます。

つまり、比較的冷静に買い場を想定して待ち受けている「買い」のトレーダーの相場が出現したと言う事で、その後は強気の相場に移行することが期待できます。

比較的冷静で経験豊かなトレーダーの買い場が現れた、あるいは近づいたと考えられるわけです。

こうした買いのムードは含み損のある玉の整理がついて、やがて反発に向かうと期待できるものです。

広告

「捨て子底」のサプリメント ヒント

こうした相場では、市場に清算感があるとは言え、隠れた悪材料などの露呈によって停滞や更なる下落と言う事もあり得ます。

相場は生き物なので過去の類型で多く発生している現象と言えども毎回同じシナリオで進むものとは限りません。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値水準や底値圏で「捨て子底」が現れれば、その出現からさほど遠くない時期にベクトルが反転する確率も高いと考えられています。

主要指標

日経平均27606.46(-79.01)
TOPIX1983.97(+0.57)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均34156.69(+265.67)
S&P5004164.00(+52.92)
NASDAQ12113.78(+226.33)
ドル/円144.642(+0.172)
FTSE1007916.55(+51.84)
ハンセン21283.52(-15.18)

主要市場時計

お知らせ

深夜にメンテナンスをしています。

※少しの間、一部に不具合が続くことがあります。

最近チェックした記事

広告