• ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:28875.23(+0.34) TOPIX:1947.10(-2.04) JASDAQ:184.97(-0.37)
  • ダウ平均:33874.24(-71.34) S&P:4241.84(-4.60) NASDAQ:14271.73(+18.46)
  • ドル円:110.851(-0.085) ロンドンFTSE:7085.73(+11.67) 香港ハンセン:28882.46(+65.39)
広告

明けの明星 ローソク足 4ステップガイド

底値圏に現れたら注意すべき酒田罫線「明けの明星」

ひとつの相場の終焉、大底で現れるとされる足形。

「明けの明星」の足形パターン

罫線で言う「星」とは前後の足と「マド」をあけてポツンと現れた短い罫線を言います。

「明けの明星」は下落相場の罫線の下方に「星」が発現したものです。

「星」は通常は「コマ足」と呼ばれる短い足をいいますが、十字線(寄り引け同値線)を含めるのが普通です。

また「星」の「コマ足」は陰線か陽線の別は問いません。

つまり短い罫線が現れることが条件と言う事です。

ここで言う「マド」は直前足の下ヒゲと星足の上ヒゲの間に空白ができた状態をいいますが、解説書の中には直前足実体の終値と星足実体の始値の間の空白を持って「マド」とする図説を用いているものもあります。

「明けの明星」の「明け」とは「星」を挟んで新しい相場が始まると考えられていることから名付けられたものです。

このサイトでは「マド」は二本の罫線の上ヒゲと下ヒゲのレンジ間のギャップであることが基本と考えますが、下落の勢いなどによっては実体同士の値幅間に出来た空白も「マド」と解釈できるような場面が往々にしてあると言うことも意識しておくべきです。

広告

「明けの明星」のトレード

下落局面で「星」つまり「マド」の空いた足が発現したわけですが、それが短い足であったと言う事で更なる下落は踏みとどまったと見ることが出来ます。

また続けて「マド」を空けた上昇があったと言う事で、この形状を反発の象徴と捉えることが出来ます。

一つの相場の終焉を示す「売り」を「セリングクライマックス」と言いますが、「明けの明星」は大底を打ったとする見方の出来るような足形です。

但し、このような相場は市場に突然走ったニュースなどを原因とする単なる「戻り目」のきっかけとして一時的に起こったものであることもあり得ます。

大底を想定したトレンド反転狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

広告

「明けの明星」の市場心理

「明けの明星」の形状は下落相場が続く中、損失を抱えたトレーダーには含み損が一方的に増えることで更なる失望売りが始まった状態を示しています。

但し市場は失望感が広がっている一方で、「マド」を空けて表れる足は「コマ足」と呼ばれる短い足のものであることから、売り買いの吊り合いは取れているとも考えられます。

つまり、「マド」を空けるほどの売り圧力があったにもかかわらず、大きな下落は買い圧力で打ち消されていると考えられるわけです。

この買いのポテンシャルは反発のポテンシャルになり得るものです。

広告

「明けの明星」のサプリメント ヒント

「マド」をあけて現れた足はその後に更に下落方向に大きく伸びることもあれば、「星」となって反転した後に相場がしばらく様子見の停滞をすることもあります。

相場は生き物なので過去の類型で多く発生している現象と言えども毎回同様のシナリオが発生するものではありません。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値水準や底値圏で「明けの明星」が現れれば、「セリングクライマックス」の可能性が高く、その発現からさほど遠くない時期にベクトルが反転する確率も高いと考えられています。

主要指標

日経平均28875.23(+0.34)
TOPIX1947.10(-2.04)
JASDAQ184.97(-0.37)
ダウ平均33874.24(-71.34)
S&P5004241.84(-4.60)
NASDAQ14271.73(+18.46)
ドル/円110.851(-0.085)
FTSE1007085.73(+11.67)
ハンセン28882.46(+65.39)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告