検索したいキーワードを入力してください。

広告

連続下げ放れ三つ星 ローソク足 4ステップガイド

連続下げ放れ三つ星のパターン、連続下げ放れ三つ星のトレード、連続下げ放れ三つ星の市場心理、連続下げ放れ三つ星のポイント

「連続下げ放れ三つ星」の足形パターン

「連続下げ放れ三つ星」は下落相場において下放れして発現した三本の「コマ足」と呼ばれる実体の短い罫線が揉み合い気味に発現したあと、寄り引け同値線の一種である「十字線」あるいは「寄り線」と呼ばれる線が現れ、それに続いて大陰線が現れる形状の足形です。

「放れ」とはここでは「下放れ」の事で、これはは下方にギャップを空けた足が出現することを示します。

この足型は「連続下げ三手放れ三つ星」とも呼ばれますが、三手放れはギャップ後に三本程度で形成される揉み合い相場と言った意味です。

「三つ星」はここでは下落相場からの下離れ後に発現する「三手」の罫線が実体の短いコマ足であると言う意味です。「三つ星」から「寄り線」(十字線)までが方向感のない相場になっています。

また「三つ星」は単に三本の「コマ足」と言う説と三本の「短陰線」(陰線のコマ足)とすると言う考えがあります。

広告

「連続下げ放れ三つ星」のトレード

「連続下げ放れ三つ星」は出しきれる弱気を生産してしまうような底を付けたのちに大きな陽線が立つと言う事で上昇暗示としては反転上昇を予期させるような比較的明確な予兆と考えられます。

但し原則としては「買い目線」ながら、陽線が大きすぎたりした場合にはその後の停滞や押し戻しなどもあり得ます。

トレンド転換狙いなら、焦らずその模様を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポ思い切ってジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

広告

「連続下げ放れ三つ星」の市場心理

連続下げ放れ三つ星は何らかの失望感が市場を駆け抜けたことでギャップダウンを見せた弱気相場がもみ合うと言う事で、損切りの整理が進みつつ様子見が続いていると考えられます。

この停滞が三つ星(あるいは停滞気味の相場)の後に十字線が発現させたことで上昇材料が市場に流れている可能性が想定できます。

市場はこの後大きく上昇する、あるいは弱気相場が終了したと市場が判断しているとも考えられるような位相です。

広告

「連続下げ放れ三つ星」のサプリメント ヒント

大陽線の出現はトレーダーに楽観・希望と言ったムードが出ていることを示していますが、それが好材料から来たものであれば、ニュース一つで強気が吹き飛ぶと言ったことも考えられます。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値支持ラインや底値圏で「連続下げ放れ三つ星」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期に弱気のベクトルが反転を見せる確率が高いと考えられています。

主要指標

日経平均28010.93(-953.15)
TOPIX1899.45(-47.11)
JASDAQ182.86(-2.38)
ダウ平均33473.93(+183.85)
S&P5004166.45(-55.41)
NASDAQ14030.37(-130.97)
ドル/円110.214(+0.002)
FTSE1007023.10(+5.63)
ハンセン28489.00(-312.27)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告