• ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29639.40(-200.31) TOPIX:2043.55(-21.00) JASDAQ:193.96(-2.31)
  • ダウ平均:34265.71(+345.87) S&P:4398.49(+44.30) NASDAQ:14870.17(+123.77)
  • ドル円:109.612(+0.410) ロンドンFTSE:7083.37(+102.39) 香港ハンセン:24221.54(+122.40)
広告

抱き陽線 ローソク足 4ステップガイド

底値圏に現れたら注意すべき酒田罫線「抱き陽線」

下落相場から強気相場への転換を暗示する足形。

「抱き陽線」の足形パターン

「抱き陽線」は小陰線が後から出た大陽線の実体の中に収まった形状の足形です。

「抱き線」は「包み線」とも呼ばれ原則陽転暗示とされるものですが、この足型が高値圏で出ると正反対の暗示となることもあります。

この項では高値圏以外で現れたもの、特に底値圏、安値圏で現れたケースのものを「抱き陽線」として解説します。

酒田罫線とされるものには、手法や用語、形状などの解釈が定まっていないと思われるものも多々あるため、「抱き線」の解釈には一本目の罫線の上下のヒゲまでがすっぽりと二本目の罫線の実体内に収まる状態と言う説明が多いのですが、図解などの中には一本目の罫線の実体は二本目の罫線の実体の中に収まっているもののヒゲまでは収まっていないようなものを示している場合もあります。

こうした酒田罫線の足形定義の曖昧さを論理的に正した解説はなかなか見当たらないので、複数の解釈があることを理解した上で自身の相場観で適用範囲を判断すると言う事も必要になる場合があります。

このサイトでは一本目の罫線の上下のヒゲまでが二本目実体内に収まるものを「抱き線」「包み線」と定義しますが、二本の罫線の細かな位置関係や実体の長さの比率などによって、ここで定義する「抱き陽線」に比べて不十分な形のものでも、元来の組み足形と同様の相場となるものが往々にしてあると言うことも意識しておく必要があります。

広告

「抱き陽線」のトレード

「抱き陽線」に見られる足形も「大陽線」それ自体も酒田罫線では陽転(強気相場への転換)を暗示するものです。

しかし「抱き陽線」の示す暗示は相場の状態や、線組みにおける位置関係、レンジの大きさやその比率などによって指し示す意味が実は微妙に異なっていたと言う事もあり得ます。

場合によっては暗示は不発に終わったり、崩れてしまったりと言う可能性は当然あると注意するべきです。

中期以上のベクトル転換狙いなら、焦らず反転の成立を一定程度確認した上でトレードに臨むことが望ましいでしょう。

短期的な上昇を狙ってポジションを持つ場合には、気を抜くことなく短いサイクルでの利食いあるいは損切りを意識しておく必要があります。

広告

「抱き陽線」の市場心理

抱き陽線は小陰線の安値から下放れて次の足の寄付きがあることから、含み損の玉が既に整理されたと考えられます。

その下放れで付けた寄付きから大きく上昇を示す足は市場に値頃感・安値感が広まり、またその相場に乗り遅れまいとする強気のムードが生まれている可能性が高いと思えます。

そうしたムードは、更なる割安感を伴って市場心理を徐々に上昇期待に向かわせます。

広告

「抱き陽線」のサプリメント ヒント

「抱き陽線」は相場反転や反発を引き起こす罫線の位相と考えられますが、実は突発的に流れたニュースに一時的に反応した大陽線が現れただけで、その後は中途半端な反発で終わることやほぼ不発に終わることもあります。

ニュースなどでもたらされる新たな材料がありそうなら、それらの確認にも注意を払うべきです。

但し、罫線家たちの経験上、相場サイクルの安値支持ラインや底値圏で「抱き陽線」が現れれば、その発現からさほど遠くない時期にトレンドが一旦上昇位相を示す確率は高いと考えられています。

主要指標

日経平均29639.40(-200.31)
TOPIX2043.55(-21.00)
JASDAQ193.96(-2.31)
ダウ平均34265.71(+345.87)
S&P5004398.49(+44.30)
NASDAQ14870.17(+123.77)
ドル/円109.612(+0.410)
FTSE1007083.37(+102.39)
ハンセン24221.54(+122.40)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告