広告

酒田罫線 3ステップ ガイド

投資ノウハウ用語「酒田罫線」

酒田五法、酒田罫線を用いたトレードスキル。

酒田罫線とは

罫線とはテクニカル分析のチャートの事で日本では江戸時代から先物相場におけるテクニカル分析(チャート分析)が広く行われていました。

江戸期には裕福な庶民を中心に西洋のそれに決して劣らない博物学(分類・体系学)や高等数学の一大ブーム(その後一種の趣味として定着)があったと言いますから、江戸時代のテクニカル分析にはそれなりにあなどれないものがあります。

酒田罫線法は江戸時代の罫線家の草分け本間宗久が考案したローソク足チャートを使って相場の状態を読み戸津手法で『三山』『三兵』『三川』『三空』『三法』と呼ばれる五種類のローソク足を使って相場パターンを分析した「酒田五法」がとりわけ有名です。

罫線家とはテクニカル分析を用いた相場師のことで、文字通りチャーティスト(テクニカル分析者)のことです。

広告

酒田五法

本間宗久はローソク足を用いて、相場状態の類型を体系化しました。

これは現在でも多くのトレーダーに参照されており、とりわけ「酒田五法」は今なお相場で機能するものとして人気の高い指標となっています。

  1. 『三山』とは、底値から上へ伸びた後下押しの波乱を三度繰り返すパターンで大天井を表す線。
  2. 『三兵』は陽線、あるいは陰線が三本平行して同一方向に向かっているパターンを指します。
  3. 『三川』とは、三本のローソクから相場の転換期をとらえるもので、売り線としては「三川宵の十字星」、「三川上放れ二羽烏」、買い線としては「変形三川底」などがあります。
  4. 『三空』とはローソクチャートにいわゆる窓が三回現れるパターンです。
  5. 上げ相場では「三空踏み上げには売り向かえ」とされ、下げ相場では、「三空たたき込みには買い向かえ」とされます。
  6. 『三法』とは「売り、買い、見送り」の「見送り」つまり休むと言う見極めの考えです。

    「上げ三法」は上昇過程において出現した大陽線の後、小さな陽線・陰線を三本はらみ、その後再び大陽線大引坊主となったもので、それらの中間に現れる三つの線を休み、三日かかっても先の大陽線を下回れない場合、次に三日の下げを一気に取り戻しての新値追いを捉えようという考えです。

    「下げ三法」はこの逆です。

「酒田五法」の詳細については冒頭の「関連記事」のリンクから投資白書の記事を参照してください。

広告

ヒント

酒田罫線は現在広く知られているローソク足の足形一覧の原型とも言えるものです。

本間宗久はこれを「足形から市場の心理」を読むと言う視点でまとめあげました。

「足形一覧」の詳細については冒頭の「関連記事」のリンクから投資白書の記事を参照してください。

一定の相場経験を積んでいる場合、相場心理の反映と言う視点で、ローソク足形一覧を見ることはそれなりに相場理解のヒントとなるものです。


サイト内のヒントリンク

  1. 本間宗久 酒田五法
  2. ローソク足の足形一覧
  3. 近世日本金融史
広告

主要指標

日経平均29357.82(+26.45)
TOPIX1933.05(+5.65)
JASDAQ186.07(+0.75)
ダウ平均34777.76(+229.23)
S&P5004232.60(+30.98)
NASDAQ13752.23(+119.39)
ドル/円108.589(-0.477)
FTSE1007129.71(+53.54)
ハンセン28610.65(-26.81)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

最近チェックした記事

お知らせ

現在、メンテナンスや新開設コンテンツの案内はありません。

広告