ウィリアムズA/D 押えの知識六要

ウィリアムズA/Dとは

(英)Williams's Accumulation/Distribution


ウィリアムズA/Dはラリーウィリアムズの考案したA/Dライン指標です。

A/Dライン(A/D Line)とは、出来高系指標と呼ばれるもので、「出来高系指標」とは一般的な指標が四本値を用いて市場の状態を読み取ろうとするのに対して、これに更に出来高と言う要素を加えてロジックを組み立てたものです。 このうちA/Dラインは市場の秘めた売り買いのポテンシャルをAccumulation(集積)/Distribution(離散)と言う形で計測します。

ウィリアムズA/Dの考え方

A/Dラインの「集積」とは、価格上昇としてチャートには現れない買いのポテンシャルのことです。

つまり、潜在的な買いの圧力を言い、「集積」が蓄積されると、相場はまもなく大きく上昇すると考えます。

また、「離散」は、逆に価格の下落としてチャートに現れない売りのポテンシャル、「潜在的な売り圧力」です。

「離散」が蓄積した相場では、まもなく大きな下落があると考えられます。

集積・離散は価格の上昇や下降にはあらわれない潜在的な圧力ですが、A/Dラインは出来高を用いてチャートに隠れたこの勢力を見ようとします。

A/Dの計算式

計算には四本値と出来高を使います。

A/D = {(終値-安値)-(高値-終値)}÷(高値-安値) × 出来高

A/Dラインは、価格チャートと似たようなラインを引きますが、この両者のラインが方向性を違えてくると価格と出来高の間の乖離が疑われます。
価格の動きと出来高指標の動きが乖離すると、つまり値動きとA/Dラインが逆相を描き出すとトレンド転換の予兆と考えることが出来ます。

出来高のない相場への応用

この「集積」と「離散」を出来高を用いることなく、日々の価格レンジの勢いから探ろうとするのが、ウィリアムズA/Dです。

ラリーウィリアムズのA/Dラインは日経平均やTOPIXの指数そのもの、つまり出来高の存在しない指数や出来高データの信頼性に疑問があるような店頭相場のFXなどにも適用できます。

まず、ワイルダーが定義した「真の高値(トゥルーハイ)」と「真の安値(トゥルーロー)」を求めます。
トゥルーハイ = 前日終値か当日高値の高い方
トゥルーロー = 前日終値か当日安値の高い方

これを元に以下の条件に従ってA/Dを求めてゆきます。

  1. 当日終値 > 前日終値なら
    SAD = 当日終値 - トゥルーハイ
  2. 当日終値 < 前日終値の場合
    SAD = 当日終値 - トゥルーロー
  3. 当日終値 = 前日終値の場合
    SAD = 0

WAD(ウィリアムズA/D) = 当日SAD + 前日WAD




トレードのタイミング

A/Dラインでは価格ラインの動きとA/Dラインの間に乖離が生まれてくると、反転の兆しとみなしますが、ウィリアムズA/Dのラインでも同様にチャートのダイバージェンス(拡散)コンバージェンス(収束)をみてシグナルを判断します。



  • 価格下降に対してA/Dラインが上昇すると「買い」シグナル。(コンバージェンス)
  • 価格上昇に対してA/Dラインが下降すると「売り」シグナル。(ダイバージェンス)

  ポイント

「出来高は価格に先行する」と言われますが、出来高の動きを観測することは非常に重要なことです。

ウィリアムズA/Dはこの出来高の代替にトゥルー・ハイ、トゥルー・ローを使ったものですが、出来高が市場心理を先行的に反映すると言う事実を考えると225先物などの出来高のある商品を使ってトレードを行う場合には、売り圧力・買い圧力の検出には実際に出来高を使った指標を用いる方が有利だと思います。


相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告

  チャート分析網羅
  • ROC
  • アイランド リバーサル
  • インプライド ボラティリティ(IV)
  • ウェッジ(中段もみ合い)
  • ウィリアムズA/D
  • エグゾースション ギャップ
  • エリオット相場秩序
  • エルダー線
  • 押し目買い
  • オシレータ系指標
  • オシレータの張り付き
  • オンバランス ボリューム
  • カオス アリゲーター
  • 逆ざや
  • 逆ウォッチ曲線
  • 逆ばり
  • ギャップ(窓)
  • 強弱レシオ
  • 形状比較分析
  • ゲーター オシレーター
  • 化粧相場
  • コイルド スプリング
  • ゴールデン クロス
  • コポック
  • コモン ギャップ
  • 酒田罫線
  • サポート ライン(支持線)
  • 三猿金泉録
  • ジグザグ
  • 時系列練行足
  • 順ばり
  • スクイーズ インジケータ
  • SPAN証拠金
  • スパンモデル
  • 線形回帰分析
  • ダイアモンド フォーメーション
  • ダイバージェンス 逆行
  • 蛇行インジケータ
  • ダブル トップ
  • ダブル ボトム
  • チャネル ライン
  • 中段保ち合い
  • チョピネス インデクス
  • デッド クロス
  • 騰落レシオ
  • トライアングル(三角もみ合い)
  • トリプル トップ
  • トリプル ボトム
  • トレーリング ストップ
  • トレンド
  • トレンド フォロー系指標
  • トレンドライン
  • バー チャート
  • バイナリー ウェーブ
  • 羽黒法
  • バリアブル ボラティリティ ストップス VVS
  • ヒストリカル ボラティリティ
  • ピラミッディング
  • ヒンデンブルグ オーメン
  • ファン理論
  • フィボナッチ級数
  • VWAP(ブイワップ)
  • プライス パターン
  • フラッグ(中段もみ合い)
  • ブルベア バランス
  • ブレイクアウェイ ギャップ(窓)
  • ブロードニング フォメーション
  • 平均足改良版
  • 平均足スムーズド
  • ヘッド アンド ショルダー
  • ペナント(三角もみ合い)
  • ペンタゴンチャート
  • ボックス相場
  • ボックス理論
  • ボラティリティ レシオ
  • ボリュームレシオ
  • マクレラン オシレータ
  • 戻り売り
  • 四本値
  • ライン トレード
  • ラウンドナンバー
  • ランナウェイ ギャップ
  • リフレクティング
  • リトレースメント
  • レインボー チャート
  • レクタングル
  • レシオケータ―
  • レジスタンス ライン(抵抗線)
  • ローソク足
  • ワコーボリュームレシオ


  •  サイトからのお知らせ。
    ・07/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

    エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
    ・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

    ・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

    広告



    TOP