トレンドライン 押えの知識四要

トレンド・ラインとは

(英)Trend Line


トレンド・ラインとは、チャートに表示した相場価格の上昇・下降の流れを明確化するために、波状に伸びてゆく値幅の上端や下端を線形に結んでその方向を視覚化したものです。

トレンドラインの描き方は非常に単純で、上昇トレンドでは値幅の下端の切り上がりを結んだラインとなり、下降トレンドでは切り下がる値幅の上端を結んだラインとなります。

トレンド・ラインの意味



トレンドラインはトレンドを描く抵抗線(あるいは支持線)とも言えるもので、このラインに沿って値動きするような形になります。

もともとはトレンドの形を明瞭化するのが目的であったと思われますが、通常は具体的なトレードのツールとしてより重要なものと考えられています。
ここで重要なのはこれが直線であると言うことです。

実はこの直線は多くのライントレーダーに意識されやすい形状であり、実際意識されていると考えられます。
適切な値動きのエッジに適切なラインが引けた場合、そのラインは多くのトレーダーが同様のラインを引いてそのラインへの認識を共有していると言う事です。

抵抗線や支持線などの水平ラインが多くのトレーダーに共有の認識として意識される結果トレード指標として機能しているのと同様に、このトレンドラインも多くのトレーダーに共有され意識されているものです。

このため、このラインのフォルムはトレンドの勢いが急に変らない限り、一定の長さまで伸びる、つまり一定期間続くものと期待出来ます。

この手法は原則として元となるチャートの動きを視認しながら手書きのラインをチャート上に書き入れて作成します。(手書きを代行する描画ソフトなどはあります)

その際終値を基準にラインを引くより高値安値(ローソクのヒゲ)を基準にラインを引く方がより市場に認識されたラインになります。

これは多くのトレンドラインを意識しているトレーダーが終値より高値安値を結んだラインをを重視しているためです。

そのため特徴的な価格エッジを見抜くと言う経験を持って、市場が共有していると思われる範囲で任意に線引きできるだけの(引くべきラインの起点と終点の位置を理解できるだけの)一定の経験と技量が必要です。

トレードのタイミング

引いてみたトレンドラインが強力に市場で意識されていると言うことをラインと値動きの相関から掴むことが出来れば、ラインに接近、あるいは少しブレイクして戻すあたりが有効なエントリーポイントになります。

上昇相場では下側ラインなので、その水準が買い、下落相場では逆に上側に惹かれたラインの水準で売りとなります。

エグジットはラインから見ての振幅の平均値をエントリーライン上に描いたあたりにとると言う方法と、トレンドが続く限り待つと言う方法が考えられますが、これは相場の勢いや値動きからその時々の状況で判断すると言う事でよいと思います。

トレンドラインが値動きを跳ね返すように振る舞うと言う意味では、逆張りの変種とも考えられますが、ラインの示す大きなトレンド(基準トレンド)から見てこのトレードは順張りであると言うところがポイントで、そのために利食いの戦略には多少のバリエーションが期待できます。

エントリーのタイミングは非常にシンプルなものなので、エントリーに際して判断すべき最も重要な事は市場の状態などからラインの継続性を評価すると言う点です。

  ポイント

市場参加者が意識する価格帯を用いたトレードでは、その価格帯を意識するトレーダー達の心理をチャートや板から感じ取ると言うことが重要で、そこから「意識している」と言う共通認識が崩れるパターンなどを感じ取る経験と相場観を身に付けることが大事です。

つまり、歩み値などを見て、そのタイミングで参加しているトレーダーの動きに撤退や様子見の意思が見受けられないかを感じ取る経験を積むということです。

サイト内の関連ページ
  1. ライントレード
  2. チャネルライン


相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告

  チャート分析網羅
  • ROC
  • アイランド リバーサル
  • インプライド ボラティリティ(IV)
  • ウェッジ(中段もみ合い)
  • ウィリアムズA/D
  • エグゾースション ギャップ
  • エリオット相場秩序
  • エルダー線
  • 押し目買い
  • オシレータ系指標
  • オシレータの張り付き
  • オンバランス ボリューム
  • カオス アリゲーター
  • 逆ざや
  • 逆ウォッチ曲線
  • 逆ばり
  • ギャップ(窓)
  • 強弱レシオ
  • 形状比較分析
  • ゲーター オシレーター
  • 化粧相場
  • コイルド スプリング
  • ゴールデン クロス
  • コポック
  • コモン ギャップ
  • 酒田罫線
  • サポート ライン(支持線)
  • 三猿金泉録
  • ジグザグ
  • 時系列練行足
  • 順ばり
  • スクイーズ インジケータ
  • SPAN証拠金
  • スパンモデル
  • 線形回帰分析
  • ダイアモンド フォーメーション
  • ダイバージェンス 逆行
  • 蛇行インジケータ
  • ダブル トップ
  • ダブル ボトム
  • チャネル ライン
  • 中段保ち合い
  • チョピネス インデクス
  • デッド クロス
  • 騰落レシオ
  • トライアングル(三角もみ合い)
  • トリプル トップ
  • トリプル ボトム
  • トレーリング ストップ
  • トレンド
  • トレンド フォロー系指標
  • トレンドライン
  • バー チャート
  • バイナリー ウェーブ
  • 羽黒法
  • バリアブル ボラティリティ ストップス VVS
  • ヒストリカル ボラティリティ
  • ピラミッディング
  • ヒンデンブルグ オーメン
  • ファン理論
  • フィボナッチ級数
  • VWAP(ブイワップ)
  • プライス パターン
  • フラッグ(中段もみ合い)
  • ブルベア バランス
  • ブレイクアウェイ ギャップ(窓)
  • ブロードニング フォメーション
  • 平均足改良版
  • 平均足スムーズド
  • ヘッド アンド ショルダー
  • ペナント(三角もみ合い)
  • ペンタゴンチャート
  • ボックス相場
  • ボックス理論
  • ボラティリティ レシオ
  • ボリュームレシオ
  • マクレラン オシレータ
  • 戻り売り
  • 四本値
  • ライン トレード
  • ラウンドナンバー
  • ランナウェイ ギャップ
  • リフレクティング
  • リトレースメント
  • レインボー チャート
  • レクタングル
  • レシオケータ―
  • レジスタンス ライン(抵抗線)
  • ローソク足
  • ワコーボリュームレシオ


  •  サイトからのお知らせ。
    ・10/18日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

    エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
    ・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

    ・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

    広告



    TOP