マクレラン オシレータ 押えの知識六要

マクレラン・オシレーターとは

(英)McClellan Oscillator


マクレラン・オシレーターはある市場において、「値上がりした銘柄の数」と「値下がりした銘柄の数」の差を日々並べてゆき、次にこの差の短期指数移動平均と長期指数移動平均を求め、その二つの移動平均値の差から相場のトレンドを測る騰落指標のことです。

マクレラン・オシレータの計算式

騰落銘柄数=(値上がり銘柄数)-(値下がり銘柄数)

マクレラン・オシレーター=(騰落銘柄数のX日指数移動平均)-(騰落銘柄数のY日指数移動平均)

Xには19日、Yには39日を設定するのが推奨値です。

株価指数が上昇している時は、市場全体の値上がり銘柄が値下がり銘柄を上回っているものですが、株価指数は上昇しているのに、値下がり銘柄のほうが多いというケースもよく見かけられます。

これは、一部の銘柄が大幅に値上がりしたり、指数の中の構成比の高い銘柄が値上がりした影響を受けたことなどによるものです。

これは、指数が上昇傾向を維持しているにもかかわらず、市場の一部に変調が見られると言う事になり、指数がやがて下降に転じる可能性があることを示しています。

またこれは逆の場合にも同様です。

マクレラン・オシレ一夕ーは、このような市場の変調を視覚的にとらえようとするものです。

トレードのタイミング

1本のラインがゼロを挟んで上下動します。

  1. 指数が上昇傾向にあるとき、数値がマイナスにふれたら順張りの押し目買い
  2. 指数が下降傾向にあるとき、数値がプラスにふれたら順張りの戻り売り
  3. 指数が一定の期間上昇傾向を続けている時に、数値が極端なプラスにふれたら逆張りの売り
  4. 指数が一定の期間下降傾向を続けている時に、数値が極端なマイナスにふれたら逆張りの買い
数値がプラスのときは市場が上昇傾向にあり、マイナスのときは下降傾向にあることを示しています。
また、数値が極端に変する場合は買われ過ぎ、売られ過ぎの可能性が高いと判断できます。

マクレラン・サメーション(McClellan Summation)

マクレラン・サメーションは日々のマクレラン・オシレータの値を単純に足し合わせてゆく(総和)ものです。

見かけの数値はマクレラン・オシレータがプラスの日は増加しますが、マイナスの日は減少します。

つまり、ゼロをはさんで上下することになります。

例えば、マクレラン・オシレ一夕ーが10・-20・30である場合、マクレラン・サメーションの値は10・-10・20となります。

原則としてマクレラン・オシレ一夕ーは短期、マクレラン・サメーションは長期の分析に用いられるのですが、用法に厳密な基準はありません。

マクレラン・サメーションがゼロラインよりも上にあるときは相場は上昇基調、逆にゼロラインよりも下にあるときは下降基調である見ます。

このため、ラインがゼロラインに対して下から上へクロスしたときはゴールデンクロス、上から下へクロスしたときはデッドクロスと見なすことができます。

また、ラインの勾配は相場の勢いを表しています。

更に、マクレラン・サメーションの動きが株価と逆行するダイバージェンスの場合はトレンドの反転を暗示している可能性があります。


マクレラン・サメーションの見方

ラインの勾配は相場の勢いを表します。
急勾配であればあるほど、相場に勢いがあるということです。

ですから、ゼロラインを上抜いてさらに急勾配で上昇していれば、もうしばらくトレンドか続くことが期待できます。

また、マイナス圏であっても、急上昇している場合には底入れを暗示している可能性があります。

株価指数が上昇を続けているにもかかわらず、マクレラン・サメーションが下降に転じることがあります。

逆に、株価指数が下降している状況下で、マクレラン・サメーションが上昇することもあります。

こうした市場価格とインジケータの逆行現象は前項で触れたように「ダイバージェンス」といい、トレンド反転の予兆的に現れるものとされています。

  ポイント

マクレラン・オシレ一夕ーとマクレラン・サメーションとを併せて用いることで、マクレラン・オシレ一夕ーで短期、マクレラン・サメーションで長期の相場騰落傾向の分析を行います。

マクレラン・オシレータはヒンデンブルグ・オーメン と言う相場現象の定義において、その現象の発生を判断する指標として用いられることでも有名なインジケータです。

サイト内の関連ページ
  1. ヒンデンブルグ・オーメン


相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告

  チャート分析網羅
  • ROC
  • アイランド リバーサル
  • インプライド ボラティリティ(IV)
  • ウェッジ(中段もみ合い)
  • ウィリアムズA/D
  • エグゾースション ギャップ
  • エリオット相場秩序
  • エルダー線
  • 押し目買い
  • オシレータ系指標
  • オシレータの張り付き
  • オンバランス ボリューム
  • カオス アリゲーター
  • 逆ざや
  • 逆ウォッチ曲線
  • 逆ばり
  • ギャップ(窓)
  • 強弱レシオ
  • 形状比較分析
  • ゲーター オシレーター
  • 化粧相場
  • コイルド スプリング
  • ゴールデン クロス
  • コポック
  • コモン ギャップ
  • 酒田罫線
  • サポート ライン(支持線)
  • 三猿金泉録
  • ジグザグ
  • 時系列練行足
  • 順ばり
  • スクイーズ インジケータ
  • SPAN証拠金
  • スパンモデル
  • 線形回帰分析
  • ダイアモンド フォーメーション
  • ダイバージェンス 逆行
  • 蛇行インジケータ
  • ダブル トップ
  • ダブル ボトム
  • チャネル ライン
  • 中段保ち合い
  • チョピネス インデクス
  • デッド クロス
  • 騰落レシオ
  • トライアングル(三角もみ合い)
  • トリプル トップ
  • トリプル ボトム
  • トレーリング ストップ
  • トレンド
  • トレンド フォロー系指標
  • トレンドライン
  • バー チャート
  • バイナリー ウェーブ
  • 羽黒法
  • バリアブル ボラティリティ ストップス VVS
  • ヒストリカル ボラティリティ
  • ピラミッディング
  • ヒンデンブルグ オーメン
  • ファン理論
  • フィボナッチ級数
  • VWAP(ブイワップ)
  • プライス パターン
  • フラッグ(中段もみ合い)
  • ブルベア バランス
  • ブレイクアウェイ ギャップ(窓)
  • ブロードニング フォメーション
  • 平均足改良版
  • 平均足スムーズド
  • ヘッド アンド ショルダー
  • ペナント(三角もみ合い)
  • ペンタゴンチャート
  • ボックス相場
  • ボックス理論
  • ボラティリティ レシオ
  • ボリュームレシオ
  • マクレラン オシレータ
  • 戻り売り
  • 四本値
  • ライン トレード
  • ラウンドナンバー
  • ランナウェイ ギャップ
  • リフレクティング
  • リトレースメント
  • レインボー チャート
  • レクタングル
  • レシオケータ―
  • レジスタンス ライン(抵抗線)
  • ローソク足
  • ワコーボリュームレシオ


  •  サイトからのお知らせ。
    ・09/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

    エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
    ・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

    ・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

    広告



    TOP