逆ウォッチ曲線 押えの知識四要

逆ウォッチ曲線とは

(英)Contrary Watch Curve


逆ウォッチ曲線は相場の価格を縦軸に、その出来高を横軸に配して出来高と価格の関係を表すテクニカル・チャートです。

「出来高は株価(相場価格)に先行する」と言われ、出来高の増加は価格上昇の予兆ととらえられます。
また逆に出来高の減少は市場価格の下落サインとされています。

この「出来高の増減は価格の上下に先行する」と言う考えが逆ウォッチ曲線の概念で、この指標は先行指標としての出来高の動きを見ながら価格の変化を注視し、売買のタイミングを掴もうと言う意図で開発されました。

つまり出来高増加→価格上昇→天井打ちに伴う出来高減少→価格下落、と言う出来高と株価の動きをサイクルとして円形のモデルにしたものが「逆ウォッチ曲線」です。
またこの円形モデルが時計と反対周りのループを描くことから「逆ウォッチ曲線」の名が付けられています。

逆ウォッチ曲線のループ描画の定義

水平方向の動きは出来高を表し、左から右に行くにつれて増加していることを意味します。
垂直方向の動きは価格を表し、出来高が増えて価格が上昇すると上向きに向きを変えることになります。

価格がピークあたりにくると、天井を打って出来高の減少が考えられますので今度は水平方向の動きは右から左、つまり先ほどとは逆向きになります。

この出来高の減少に従って価格が下落しだすと、今度は垂直方向の動きが下向きになります。

感度の調整のために通常は出来高・価格ともに移動平均値を使います。

逆ウォッチ曲線は以下の8パターンで局面が説明されます。

 8つのパターン。

  1. 価格がまだ変化していない状態で出来高が増えているので左から右に水平に進捗します。
  2. 出来高の増加を受けて株価も上昇を始めるので斜め上を向きます。
  3. 出来高の数量は頭打ちとなりますが、後追いの価格はさらに増加して垂直に上昇します。
  4. 価格は上昇していますが、出来高は減少に転じて斜め左に向きます。
  5. 出来高の減少に伴い価格上昇は頭打ちとなって左水平方向に向きます。
  6. ついに出来高の減少とともに価格は下落に転じて斜め下を向きます。
  7. 出来高の減少が底をついた状態で価格が下落するため垂直に下を向きます。
  8. 価格の下落は進行しているものの新しい相場を見据えて出来高が増えて斜め右向きになります。


トレードのタイミング

トレードへの応用は8つのパターンのそれぞれのステータス(状態)を読むことで相場を判断して行います。

先の図と照らしてみてください。

  1. 上昇にらみの様子見の場面です。
  2. ここは買い場となります。
  3. 更に買い足せる可能性があります。
  4. そろそろ買い控え、ポジションがあれば清算です。
  5. ここは警戒感を持って様子見です。
  6. 売り場となります。
  7. 更に売り玉を足せる可能性があります。
  8. 売り控えに転じ、ポジションがあれば清算する場面です。
実際の逆ウォッチ曲線のチャートは以下のようものです。



①~⑧の局面をこの図から読み取るにはある程度の慣れが必要なのがわかると思います。

  ポイント

上の図のようにどれもが、時計回りの円形に近い形になるわけではなく円とは程遠い形になる場合も多く見受けられます。

この図のチャートより更に複雑な描線のケースも多いので、8つの局面の見立てにも読み解きにも十分な経験が必要になります。


相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告

  チャート分析網羅
  • ROC
  • アイランド リバーサル
  • インプライド ボラティリティ(IV)
  • ウェッジ(中段もみ合い)
  • ウィリアムズA/D
  • エグゾースション ギャップ
  • エリオット相場秩序
  • エルダー線
  • 押し目買い
  • オシレータ系指標
  • オシレータの張り付き
  • オンバランス ボリューム
  • カオス アリゲーター
  • 逆ざや
  • 逆ウォッチ曲線
  • 逆ばり
  • ギャップ(窓)
  • 強弱レシオ
  • 形状比較分析
  • ゲーター オシレーター
  • 化粧相場
  • コイルド スプリング
  • ゴールデン クロス
  • コポック
  • コモン ギャップ
  • 酒田罫線
  • サポート ライン(支持線)
  • 三猿金泉録
  • ジグザグ
  • 時系列練行足
  • 順ばり
  • スクイーズ インジケータ
  • SPAN証拠金
  • スパンモデル
  • 線形回帰分析
  • ダイアモンド フォーメーション
  • ダイバージェンス 逆行
  • 蛇行インジケータ
  • ダブル トップ
  • ダブル ボトム
  • チャネル ライン
  • 中段保ち合い
  • チョピネス インデクス
  • デッド クロス
  • 騰落レシオ
  • トライアングル(三角もみ合い)
  • トリプル トップ
  • トリプル ボトム
  • トレーリング ストップ
  • トレンド
  • トレンド フォロー系指標
  • トレンドライン
  • バー チャート
  • バイナリー ウェーブ
  • 羽黒法
  • バリアブル ボラティリティ ストップス VVS
  • ヒストリカル ボラティリティ
  • ピラミッディング
  • ヒンデンブルグ オーメン
  • ファン理論
  • フィボナッチ級数
  • VWAP(ブイワップ)
  • プライス パターン
  • フラッグ(中段もみ合い)
  • ブルベア バランス
  • ブレイクアウェイ ギャップ(窓)
  • ブロードニング フォメーション
  • 平均足改良版
  • 平均足スムーズド
  • ヘッド アンド ショルダー
  • ペナント(三角もみ合い)
  • ペンタゴンチャート
  • ボックス相場
  • ボックス理論
  • ボラティリティ レシオ
  • ボリュームレシオ
  • マクレラン オシレータ
  • 戻り売り
  • 四本値
  • ライン トレード
  • ラウンドナンバー
  • ランナウェイ ギャップ
  • リフレクティング
  • リトレースメント
  • レインボー チャート
  • レクタングル
  • レシオケータ―
  • レジスタンス ライン(抵抗線)
  • ローソク足
  • ワコーボリュームレシオ


  •  サイトからのお知らせ。
    ・03/26日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

    エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
    ・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

    ・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

    広告



    TOP