コイルド スプリング 押えの知識四要

NR7コイルドスプリングとは

(英)Coiled spring with Narrowest Range of the last Seven bars


コイルドスプリングとは螺旋バネのことで、昔流行った筋トレ用のエキスパンダーのバネのような形状のものを言いますが、エキスパンダーのバネが張力に反発するのに対して、ここで言うコイルドスプリングは逆にこれも昔流行ったホッピングのバネのように圧縮に反発するタイプのものです。

ローソク足では短い線や、実体の短い足が二本程度現れるとトレンド転換の予兆とみるようなパターン分析がありますが、コイルドスプリングではレンジの狭い日が出現するとトレンド転換の可能性があると考えます。

コイル状の圧縮反発するバネを上から抑え込むと反動でピョンと飛び跳ねるような動きになりますが、相場のレンジが前後の日のレンジに比べて小さくなっていると押し付けられたバネのようなポテンシャルがあるものと考えて、その反発がトレンドのブレイクアウトに結び付くとする考えです。

NR7によるトレードのタイミング

NR7とは「七日間(七本のデータ)の最少レンジ」(Narrowest Range of the last Seven bars)を意味していて、過去七日間のレンジに比較してそれ以下のレンジに収まる日のことを指します。

ここで言うレンジの定義は単純にデータ四本値の高値と安値の差の事です。
根拠は経験則で七日間の最少レンジを見つけたら相場の反転が頻繁に観測されたと言う事だと思います。

コイルドスプリングとはこのNR7を圧縮されたバネとして捉え、その反発性を利用したブレイクアウト投資戦略を行う手法です。

NR7が現れたら底はブレイクアウトのシグナルと言うのが基本的な戦略ですが、簡単に転換しなかったり、あるいはNR7が連続して出現するあるいは短い間隔で出現する更にはトレンドが反転すると言う事も結構あってその見方、判断には一定の経験が必要です。

NR7が連続あるいは近接して現れる場合は二つ目のNR7をNR7-2と呼び、相場が一旦ポテンシャルをためている状態の現れと見なします。

この後のトレンドは反転にせよ継続にせよ大きな動きが出ることが予期されます。

コイルドスプリングの注意点

NR7コイルドスプリングは経験上そのような相場が現れるとトレンドが反転する傾向が強いと言うものなので、あくまでも確率的な傾向であって、その確率は理論的に裏付けされているわけではありません。

NR7が何本も連続して出てもトレンドは継続と言う事もあります。

そこで、価格の節目、抵抗線上や支持線上でこれが出る場合には単純に反転予兆と見るよりも、NR7が出た後で現れたベクトルに追従すると言う戦略を取るケースもあるようです。

フェイリアー・コイル(Failure Coil)とは不発に終わるコイルの圧縮のことですが、不発点がエネルギーを蓄えると言う意味を持つと考えてあえて命名されたものと思われます。

但しそうした使い方をトレードに応用するにはかなりの研究と経験が必要となってきます。

  ポイント

NR7コイルドスプリングは、出現したらトレンドのポテンシャルが圧縮されている可能性が高いと言う程度の参考にするのが正しい使い方ではないかと考えます。

そのためには他のブレイクポイントを表すチャートや指標の併用指標とするのが良いのではないかと思います。


相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告

  チャート分析網羅
  • ROC
  • アイランド リバーサル
  • インプライド ボラティリティ(IV)
  • ウェッジ(中段もみ合い)
  • ウィリアムズA/D
  • エグゾースション ギャップ
  • エリオット相場秩序
  • エルダー線
  • 押し目買い
  • オシレータ系指標
  • オシレータの張り付き
  • オンバランス ボリューム
  • カオス アリゲーター
  • 逆ざや
  • 逆ウォッチ曲線
  • 逆ばり
  • ギャップ(窓)
  • 強弱レシオ
  • 形状比較分析
  • ゲーター オシレーター
  • 化粧相場
  • コイルド スプリング
  • ゴールデン クロス
  • コポック
  • コモン ギャップ
  • 酒田罫線
  • サポート ライン(支持線)
  • 三猿金泉録
  • ジグザグ
  • 時系列練行足
  • 順ばり
  • スクイーズ インジケータ
  • SPAN証拠金
  • スパンモデル
  • 線形回帰分析
  • ダイアモンド フォーメーション
  • ダイバージェンス 逆行
  • 蛇行インジケータ
  • ダブル トップ
  • ダブル ボトム
  • チャネル ライン
  • 中段保ち合い
  • チョピネス インデクス
  • デッド クロス
  • 騰落レシオ
  • トライアングル(三角もみ合い)
  • トリプル トップ
  • トリプル ボトム
  • トレーリング ストップ
  • トレンド
  • トレンド フォロー系指標
  • トレンドライン
  • バー チャート
  • バイナリー ウェーブ
  • 羽黒法
  • バリアブル ボラティリティ ストップス VVS
  • ヒストリカル ボラティリティ
  • ピラミッディング
  • ヒンデンブルグ オーメン
  • ファン理論
  • フィボナッチ級数
  • VWAP(ブイワップ)
  • プライス パターン
  • フラッグ(中段もみ合い)
  • ブルベア バランス
  • ブレイクアウェイ ギャップ(窓)
  • ブロードニング フォメーション
  • 平均足改良版
  • 平均足スムーズド
  • ヘッド アンド ショルダー
  • ペナント(三角もみ合い)
  • ペンタゴンチャート
  • ボックス相場
  • ボックス理論
  • ボラティリティ レシオ
  • ボリュームレシオ
  • マクレラン オシレータ
  • 戻り売り
  • 四本値
  • ライン トレード
  • ラウンドナンバー
  • ランナウェイ ギャップ
  • リフレクティング
  • リトレースメント
  • レインボー チャート
  • レクタングル
  • レシオケータ―
  • レジスタンス ライン(抵抗線)
  • ローソク足
  • ワコーボリュームレシオ


  •  サイトからのお知らせ。
    ・09/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

    エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
    ・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

    ・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

    広告



    TOP