実践相場格言717句

 幽霊と相場師は淋しい方に出る

優秀な相場師は人気のない相場でもちゃんと評価していると言う意味です。
見かけにとらわれて正当に評価の手順を積むと言う作業を怠ると、チャンスはいつまでたっても人気のある相場にしか現れません。
有名なトレーダーは他の人がほとんど目をつけないような思わぬ銘柄を追っていたりします。
独自のアイディア、独自の情報、独自のインスピレーションと言った独創性が人の向かない方を向いて、利益を生み、成功につながっているのですが、そのためにはうわべの印象に対する先入観や偏見などを捨てて、いつでも相場のすべてを客観的に偏見なく評価していると言う姿勢が必要となってきます。
灘株太郎氏の株修羅の道では師匠は過去に灘氏が痛い目にあった銘柄に見向きもしない様子を見て、そうした拘りや偏見が投資にとって如何に無意味なことであるかをたしなめるような部分があったように思います。

 五十音順 前後の格言

 休むも相場

相場には執着心と言う魔物がいて、のめりこむとその魔物に取り付かれてしまいます。 失敗が続けばそのような魔物の存在も多少…(続きを読む)

 休むもまた相場

資金的な事情、他の仕事とのスケジュール上の事情など諸般の事情があってやむを得ず相場に参加できないことがあります。 そう…(続きを読む)

 安物買いの銭失い

私は良くヤフオクで手ごろな価格のものを買いすぎて、それが価値もなければ役にも立たないとわかっても「まあ安かったからこの…(続きを読む)

 山高ければ谷深し

ピークは大きければ大きいほど、そのピークが破たんした時の絶望のポテンシャルは大きいものです。 そのため大きなピークの後…(続きを読む)

 幽霊と仕手は正体の分からないのがいい

投資行為によって意図的に価格操作を施すような仕手行為は誰がやっているかがわかってしまうと、せっかくの意図が市場の憶測に…(続きを読む)

 幽霊と相場は淋しい方に出る

チャンスは皆が見落としているような銘柄や、閑散として誰もが見捨てているような銘柄に思わぬタイミングで結構現れるものです…(続きを読む)

 指を惜しんで掌を失う

僅かな損失にこだわりすぎたあまり、重要なもののすべてを失うことの愚かさを言っています。 これは僅かな損失に限らず、僅か…(続きを読む)

 夜明け前が一番暗い

自然界では夏から秋冬への移り変わりは比較的温もりがフェイドアウトするように徐々にながら一本調子に冷えてゆくように感じら…(続きを読む)

 良い株を売って、悪い株を持ち続けるならば、銘柄表はしまいには悪い株だけになってしまう。

含み益が出たからと言ってはやたらに売れる株を売っていれば手元には売るに売れない株ばかりが残ると言うのはあたりまでのこと…(続きを読む)

 良い魚は底に近いところを泳いでいる

美味しい銘柄は人気の薄い低迷株の中にあると言う意味です。 低迷株全般がよいというわけではなく、その中に化けるものがある…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP