実践相場格言717句

 良い魚は底に近いところを泳いでいる

美味しい銘柄は人気の薄い低迷株の中にあると言う意味です。
低迷株全般がよいというわけではなく、その中に化けるものがあると言う意味で、見つけ出すのはむろん経験と知識に基づいた観察が必要です。
低迷株や難しい相場に価値がないと見たり、そうしたところに美味しい魚はいるはずがないなどとレッテルを貼ってしまうことが、勝手に目を瞑ってチャンスを見逃していることになると言うことです。

 五十音順 前後の格言

 幽霊と相場師は淋しい方に出る

優秀な相場師は人気のない相場でもちゃんと評価していると言う意味です。 見かけにとらわれて正当に評価の手順を積むと言う作…(続きを読む)

 幽霊と相場は淋しい方に出る

チャンスは皆が見落としているような銘柄や、閑散として誰もが見捨てているような銘柄に思わぬタイミングで結構現れるものです…(続きを読む)

 指を惜しんで掌を失う

僅かな損失にこだわりすぎたあまり、重要なもののすべてを失うことの愚かさを言っています。 これは僅かな損失に限らず、僅か…(続きを読む)

 夜明け前が一番暗い

自然界では夏から秋冬への移り変わりは比較的温もりがフェイドアウトするように徐々にながら一本調子に冷えてゆくように感じら…(続きを読む)

 良い株を売って、悪い株を持ち続けるならば、銘柄表はしまいには悪い株だけになってしまう。

含み益が出たからと言ってはやたらに売れる株を売っていれば手元には売るに売れない株ばかりが残ると言うのはあたりまでのこと…(続きを読む)

 良いニュースは知らなくても別状ないが、悪いニュースは早く聞いていないと対策が遅れる

ウォール街のものらしい格言には説明が要らないほど明確なものが多いのですが、これもその類です。 悪いニュースがもたらす失…(続きを読む)

 良い銘柄だけを残せば利益は自然に生まれる

当たり前のことわざのようですが、持ち株の中で利益の出る株を慌てて換金し、ついつい手放すべき株の始末を怠ってそう言うもの…(続きを読む)

 用意周到は安全の父

準備と言うものはそれが発動する目的があってするわけですから、もし準備に対する目的が不明確な通り一遍のものであったのでは…(続きを読む)

 陽極まりて陰となす

原典はたぶんは陰陽五行説などで使われる言葉のようで、万物の素子としての陰陽は極点でそれぞれ陰陽反転すると言う意味です。…(続きを読む)

 陽の極に売りの機あり

「陽の極」とは上昇相場の最終段階のことで、出来高が急増して株価も大きく上がッた状態をいいます。 ここにこそ売りの絶好の…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP