実践相場格言717句

 安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考え

市場価格の水準と言うものの尺度は難しいものです。
今の価格が安い高いと言ってみても、それは一体どの水準から見て高いのか安いのかと言う事になります。
その自分が今基準としている水準とは、客観的なものではなく主観的、心理的なものかもしれません。
この場合基準として機能しそうなものは実は「需給」しかないのですが、多くの場合この実態を無視して、目の前の相場のムードを基準としてしいます。
やってしまいがちですが、ムードだけで安易に現在価格を高いとか安いと判断し、買い場、売り場の判断を下すのはそれはそれで常にリスクのあることなのです。
相場の様相と言うものは刻々と変化しており、現在の価格がどのような基準から見て高いか安いかと言う判断の材料も常に変幻しています。

 五十音順 前後の格言

 物に本末あり、事に終始あり。先後する所を知らば則ち道に近し

「本末」とは本質部分と派生部分があると言う事です。 「終始」とは物事には原因と結果があると言う事です。 相場での投資の本…(続きを読む)

 物の景気ということは我が智力強ければ必ず見ゆる所なり

「景気」とは今起こっている現象や、起こりつつあるものの気配と言う事だと思います。 そう言ったものは経験や知識、考察力が…(続きを読む)

 森をみて木を見ず、木を見て森を見ず

「木を見て森を見ず」とは目の前の事象にとらわれすぎて、全体を見落としている状況でしょう。 相場では大きな流れを読むと言…(続きを読む)

 文殊でも備えのたたぬ商いは高下の変が出れば破るる

「変」とは世の中や相場に起こり得て相場を乱すようなアクシデントの事でしょう。 こればかりはどのような叡智をもってしても…(続きを読む)

 文殊でも備えのたたぬ商いは破れる

驚くようなアイディアや天性とも思える理解力や洞察力、相場観を持っている人がいます。 そう言う人の手法や考えが当たって上…(続きを読む)

 安値買い下がりの株数は一、三、五の比率有効あるべし。そして資金の半分を温存すべし。

ナンピンは資金の半分までで行い、最初の枚数が1なら二回目は3、三回目は5と言う比率で行うのが良いとしています。 根拠も…(続きを読む)

 休むとはただの休みと思うなよ、次の仕掛けのもととなるなり

相場は目の前のトレンドだけが実体ではありません。 値動きは世の中の森羅万象を映し出した鏡であり実体は実社会にあります。 …(続きを読む)

 休むほど相場の極意ほかになし

相場の研究はその奥深さから探究心という人間本来の欲求を刺激してくれますし、具体的な成果として利潤が手に入ることから本当…(続きを読む)

 休むも相場

相場には執着心と言う魔物がいて、のめりこむとその魔物に取り付かれてしまいます。 失敗が続けばそのような魔物の存在も多少…(続きを読む)

 休むもまた相場

資金的な事情、他の仕事とのスケジュール上の事情など諸般の事情があってやむを得ず相場に参加できないことがあります。 そう…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP