実践相場格言717句

 我が心に合いたる事は、皆、身の毒と思うべし。我が心に難しきことは、皆、薬となるべき事と思うべし

ビギナーズラック的にたまたま思い通りに動くような相場に乗ってしまうと、たいがい相場人生であとから痛い目にあいます。
そう言う経験をすると、相場を甘く見てしまうと共に、金銭感覚がおかしくなることが多いのです。
難しい相場に直面し、工夫や苦労を重ねると、それを克服しようとして努力しつつ利益を真摯に捉えるようになるものです。
そうした苦労はのちの相場人生において薬となるような貴重な経験と言えます。
そうしたことを踏まえた上で、この格言は難しいことを避けてばかりいては進歩がないと言うことを言っています。
自分に合わない相場に手を出す必要はありませんが、現状の実力より少し上を目指す気持ちをいつまでも持ちつづけることは大事です。

 五十音順 前後の格言

 ローマは一日にしてならず

何事においてもそれなりの成果と言うものを見るためにはそれに見合った時間と手間を要すると得心すべきだということでしょう。…(続きを読む)

 六十日でひと思案

目の前の相場の細かな動きを見ているとついつい「これでいける」とか「やっぱり駄目だ」と言った目先の分析に一喜一憂しがちで…(続きを読む)

 論を立て、相場の逆を張る人は論に勝っても相場には負ける

あまりに見事な戦略はその見事さばかりがめだって、実際に役に立つかどうかが見落とされているのかもしれません。 ネットにあ…(続きを読む)

 我が思い入れをみだりに人に話すべからず、他の了見を聞くことなかれ

相場の世界では、自分の考えをむやみに他人に話すのは危険だと言われています。 一つには話した相手が投資を行っている人なら…(続きを読む)

 若い相場は目をつむって買え

若い相場とは大下落と言う死を経て新たに生まれたような相場、つまり底値を脱したと判断できる状態での上昇移行です。 この上…(続きを読む)

 わかってくるほど、わからなくなるのが相場

相場はわからないものだと言う事実がわかるようになれば少しは相場を理解したことになると言う意味だと思われます。 そうなれ…(続きを読む)

 分からぬときは休め

混乱した相場観のままで売買をすることが危険であることはだれでも簡単にわかることですが、混乱しているときは、なんとかその…(続きを読む)

 私はこうして100万ドルを儲けたとか、あなたも百万長者になれる、といった書物は、株式市場についての本の中で最も危険なしろものである。

しばらく相場で苦労してみればこの手のものは噴飯モノのタイトルなのですが、初心者や藁をも縋りたい心理でやっているような人…(続きを読む)

 割高に売りなし、割安に買いなし

これは株式相場のことばのようです。 割高に見えても実は超優良株であったり、逆に割安に見えるものの中にはボロ株が潜んでい…(続きを読む)

 割安株をあさる場合、ばばをつかまないようにする一つの手は、過小評価されている成長株を選び出すことである。

これは誰が聞いても確かにその通りに思えるのですが、ではどうやって「過小評価されている株を見つけるのか」と言う問いが残る…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP