実践相場格言717句

 強気に包まれて上がらざるは、暴落近し

ここで言う「強気」とは相場を押し上げそうな要因やムードのことです。
ムードは良いのにそれに伴った動きが見えない場合、「動きが見えない」と言う事の方に本質があるものです。
つまり「ムード」の方にに惑わされてはいけないわけです。
天井相場に限らず、要因も雰囲気も揃って見えるのに相場が動かないような時には、その相場を疑ってかかる必要があります。
こういうのが比較的早く察知出来て何かおかしいと感じるような人が居ます。
先天的に洞察力が鋭いのか、もしくは日々の観察が正しいのか、いずれにしてもこういう事から怪しさを察知する能力は磨けば磨くほど実トレードで役に立つものです。

 五十音順 前後の格言

 月の八日に物買うな

いわゆるアノマリーの一つだと思います。 毎月十日前後は傾向として消費が停滞するそうですが、相場ではそれに対する明確な傾…(続きを読む)

 月夜に釜を抜かれることなかれ

今は照明のおかげで夜の闇と言うものがなかなかイメージしにくくなっていますが、電気やがガス灯のない時代では月夜と闇夜では…(続きを読む)

 常弱気、損とく知らぬ大たわけ、貧乏神の氏子たるらむ

慈雲斎・牛田権三郎の三猿金泉秘録にある格言です。 弱気相場(下降トレンド)への反転をいつも警戒して、素直に強気相場に乗…(続きを読む)

 強気相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、幸福の中で消えていく。

上昇相場の成長過程を文章化したものですが、それぞれに市場心理があると言うことが本題だと思います。 どんな場面もその相場…(続きを読む)

 強気も弱気も株で儲けることができる。しかし、欲張りは駄目だ

強気はブル、弱気はベア、よくばりはホッグと言う事で英語では語呂の良い格言だと思います。 ブルベアは相場用語ですが、ホッ…(続きを読む)

 連れが出来たら儲からない

孤独に相場をやっている人なら思わずニヤリとするかもしれないような格言です。 実際にそう言う経験をしてなくても連れが有っ…(続きを読む)

 手仕舞いは脱兎のごとく

草食動物は捕食者から命がけで一目散に逃げます。 相場は利益を生んでいる時は良いかもしれませんが、豹変するとある意味捕食…(続きを読む)

 敵を知り、己を知れば、百戦して殆うからず

いわゆる孫子の兵法と言うものの一節のようです。 敵を知り、己を知れば全勝、敵を知らず、己を知れば一勝一敗、敵を知らず己…(続きを読む)

 テクニカル分析は、科学的な外見を装ってはいるが、実は占星術と同類である

この格言に違和感があるのはテクニカル分析にはもともと科学的な要素などほとんどありませんし「実は」などと構えなくても主観…(続きを読む)

 手持ち株が病気の時、医者を呼ぶな、あなた自身診断医になれ

保有株の先行きが怪しくなってきたときに、その銘柄に詳しい人などにどうすべきかを相談するのはあまり意味がないのでしょう。…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP