実践相場格言717句

 年の内、三度より商い場なし

本間宗久が「相場三昧伝」で言っている言葉のようです。
この言葉の続きも含めた全体の意味は…、
わかりやすいトレンドと言うものは年に数回は訪れるから投資するのならその時。
そういうものは中期的なトレンドを形成するので慌てずに良く流れを見極めて買い場を見つける。
ここだと思うポイントが見えたらそこからの価格変動に心変わりしたりせずにトレードすべき。
但し、相場の動きに何か引っかかるものがあれば決して無理はせずに手を出しやすい次のチャンスを根気よく待つこと。
商いしやすいと言われるような相場であっても、「価格の上下動に惑わされるな」とか、「気に入らない動きが少しでもあれば気持ちをリセットして何日でも焦らず待て」と言っている部分からわかるように、相場には参加者を惑わすものがそこかしこに潜んでいるわけで、仮にこの格言どおりの取引を実行するにしても相場と言うものを良く知っていないといけなければできないと言う事です。

 五十音順 前後の格言

 投資の腕を磨く最良の方法は、実際に投資すること

証券会社勤務のご主人を持つ知り合いの人でそのご亭主の影響もあってか十年ほどペーパートレードを続けていると言う方が居ます…(続きを読む)

 遠くて知らないものには手を出すな

出所に馴染みのないもの、身元不明のもの、直接縁のなさそうなもの、そういう情報はなかなか確認のしようのないものです。 知…(続きを読む)

 どか儲けすればどか損する

自分の分を超えたような利益を突然手にすると、大抵の場合その大金を使い果たすまでの間、資金管理が極端に甘くなると言う意味…(続きを読む)

 時を見、変を思うべし

これは巨大両替商の三井家に伝わる格言のようです。 「時を見」とは時節を読む、つまり時系列に並べてみた出来事や事件に照ら…(続きを読む)

 得意淡然、失意泰然

有頂天になりそうな気持のときは、嬉しさを抑え、打ちのめされた時は、平気さを装う。 他人に心の動きを読まれないくらい、常…(続きを読む)

 どちらのポジションを取っていようと、相場が自分に都合のいい方向に進むよう期待するのが人情である。

目の前のありのままの相場を受け入れ、それに対して適切な対処を行うことは言うほど簡単ではありません。 一たびポジションを…(続きを読む)

 取った金、儲けなりとて使うなよ、預かった気で蓄えておけ

人生最後の相場を迎えてその取引の結果が出るまで、その人の終身損益は未決です。 トレーダーでいる限り、トレードはずっと続…(続きを読む)

 どのような巧みな投機でも、見込みの当たるのは50、外れるのも50

ギャンブル的な投機はどんなに工夫しても原理は五分五分ですから、まともなやり方では優位性のある方法など見つけられないので…(続きを読む)

 飛びつく魚は売られる

「餌に飛びつく魚」とはなかなかチャンスを見つけられない人やチャンスを待ち望んでいる人、つまりチャンスに相当焦れたトレー…(続きを読む)

 飛びつく魚は釣られる

相場で一山あてたいと夢のような妄想を描いているような人は、怪しげな情報商材業者などの絶好の餌食になりかねません。 上手…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/18日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP