実践相場格言717句

 高安の理は空理なり

「高安の理」とは価格変動のカラクリと言うことですが、相場の原理を考えすぎても意味がないと言う事でしょう。
「空」は空しいの「空」です。
相場の原理などは明かせないというか、存在しないに等しいものだと考えるのが無難な考えです。
相場は理屈を突き詰めたからと言って決して明かせるものではなく、毎日そこに描かれるパターンに秘められた類似項・共通項を出来るだけ多く知り、そこから次の展開を予想すると言う作業を行っているうちにわかる理屈は体得できるものですし、それでも残る謎もいくつもあります。
相場とはそういうものだと言う事を諦める(自分の心の中で明らかにする)ことです。 まずは体と感性を使って(最低限は身を守りつつ)相場に浸ってみるしかないのでしょう。

 五十音順 前後の格言

 卵を一つのかごに盛るな

直近の水準に照らして相当な割安感が出てきたからと言って、そこをチャンスと見て一気に全資金で買い注文を入れたら、まもなく…(続きを読む)

 大利を得んとする時は小利を争うなかれ

利益を得ようとするには、どういう利益を得たいのかと言う目標設定が必要です。 それが明確かつ具体的であればあるほど、その…(続きを読む)

 倒るるごとに起つ人はついに倒れざる人となるべし

大きな失敗をリセットして立ち直ると言うのは実は大変なことです。 メンタルの回復、資金の回復、手法の再構築、など立ち直る…(続きを読む)

 高下駄はいて米買うな

高下駄は雨の日に水たまりの水の侵入や泥はねを受けないために利用した歯の長い下駄だそうです。 昔の米相場では雨の日は相場…(続きを読む)

 高値おぼえ、安値おぼえ

相場は日々様相を変えていますし、目に見えぬところで思わぬ変化を経て、実はそれまでの相場とは性質の変わったものになってい…(続きを読む)

 戦いて勝は易く、守りて勝ちは難し

兵法の言葉のようですが、甲乙つけがたい両軍が正面衝突した場合その勝率予想は50%でしょうから、「戦いて勝は易い」は矛盾し…(続きを読む)

 戦わざる者は勝たず

リスクや損失を過剰に気にして勝負を避けてばかりいてはいずれジリ貧になることは明らかです。 勝負を気持ちで遠避けている限…(続きを読む)

 正しい判断は絶望の中から生まれる

絶望した状態で行う判断がもっとも正しい…と言う事ではありません。 人間は絶望の淵にあってはろくなことは考えいないはずです…(続きを読む)

 建玉に囚われることなかれ

普段比較的冷静に相場を見ている人でも一たびポジションを持てば、途端にあれこれ考え始めたりします。 損失への心配や、利益…(続きを読む)

 建玉の損益計算するべからず利食い急がれ損は見切れず

まだ手にものっていない含み益や含み損をやたらに計算するのが人情かもしれませんが、その間は客観的に判断すべき相場の動きに…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP