実践相場格言717句

 卵が生まれるまで卵を買うな

まだ手の上に乗せてみることができないようなものに期待だけで慌てて手を出すことはないと言う事です。
鶏なら毎日卵を産むので、明日の分も今のうちに買う契約にしとけばいいようなものですが、相場では毎日同じような買い場、売り場が生まれているとは言え、それが手の出せるものかどうかは、ある程度実際の様子を観察してみないとわからないものですが、個別株などで明日期待の銘柄が上場するとか近日この銘柄が優良株となるなどと言った情報で買い急ぎたくなるような場合でも、それが手の上に乗せてみることができないものなら、慌てて手を出さず、観察できるようになってから、少し様子を伺ってみてどうするかを決めても遅くはないでしょう。
その銘柄が仮に前回上手くいった銘柄と同様のケースで登場してきたものだとしても、そこはとりあえず未知のものとして慌てずじっくり品定めしてから手を出してもよいと言う事です。

 五十音順 前後の格言

 たいていの株の動きは、予期された以上に動いていく

市場心理はだいたいにおいて楽観とか悲観とか言ったプラスアルファのバイアスのかかった心で相場を捉える傾向があります。 相…(続きを読む)

 大欲は無欲に通ず

大きな欲望を持てる人は、何が何でもその欲望を果たしたいと言う衝動を強く持っています。 衝動は大きければ大きいほど、目的…(続きを読む)

 大欲は無欲に似たり

ただの欲深と言うものは本来追求すべき利益への衝動や、それに必要な成長のための欲望の邪魔をするものです。 掴みとりたいも…(続きを読む)

 凧の糸と相場の金は出し切るな

タコ糸は空を舞うタコをコントロールする手段です。 よく「糸の切れた凧」と言いますがこの糸を失うとタコはどこかに飛んで行…(続きを読む)

 他人を頼るべかららず、自力を頼むべし

他人のトレードに乗ると言う事は、それが上手くいったとしても、その他人が死んだ途端に自分はトレーダーではなくなると言う事…(続きを読む)

 卵を一つのかごに盛るな

直近の水準に照らして相当な割安感が出てきたからと言って、そこをチャンスと見て一気に全資金で買い注文を入れたら、まもなく…(続きを読む)

 大利を得んとする時は小利を争うなかれ

利益を得ようとするには、どういう利益を得たいのかと言う目標設定が必要です。 それが明確かつ具体的であればあるほど、その…(続きを読む)

 倒るるごとに起つ人はついに倒れざる人となるべし

大きな失敗をリセットして立ち直ると言うのは実は大変なことです。 メンタルの回復、資金の回復、手法の再構築、など立ち直る…(続きを読む)

 高下駄はいて米買うな

高下駄は雨の日に水たまりの水の侵入や泥はねを受けないために利用した歯の長い下駄だそうです。 昔の米相場では雨の日は相場…(続きを読む)

 高値おぼえ、安値おぼえ

相場は日々様相を変えていますし、目に見えぬところで思わぬ変化を経て、実はそれまでの相場とは性質の変わったものになってい…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP