実践相場格言717句

 大勢は回り舞台

以前見かけたような値動きや相場を再び見ると言うことは良くあります。
またトレーダーの悲喜こもごもの様相にしてもデジャブのように以前見たような光景を再び見るようなこともあります。
相場の大勢は繰り返しているのです。
しかし、トレンドの上下のサイクルの繰り返しとか、いつまでも上がり続けたり下がり続ける相場はないと言った、まず間違いなく起こる現象と、確率的に起こる可能性は高いが間違いなく起こるとはとても言いきれない現象があります。
繰り返しているようであって、相場はその時々と言う面もありますわけです。
ここでは相場における繰り返し起こる現象のうち、まず間違いなく繰り返しているような部分を大勢と呼び、そうしたものが起こらなかったらどうしようと言った心配は無用だといっているのです。
わかっていても底値圏が続けば「景気はこれで永久に終わるのではないか…」と言った無用な心配がついつい脳裏を過りだすのでこういう格言も必要です。

 五十音順 前後の格言

 損は落とせ、さらば利益は大ならん

(個別株を複数所有するような投資法では)損失の出ている銘柄は早めに始末して、そこで戻ってきた資金を別の(有望な)銘柄に…(続きを読む)

 大玉は失敗、小玉は成功

大玉とは先々のトレードのための資金を無視したような、目いっぱいの資金を使ってポジショニングをするような状況を言います。…(続きを読む)

 大玉を張るを誇りとするなかれ

持てる限りの資金を投じてみたら、たまたまうまくいったりすると、つい自慢したくなるものです。 しかしそういう投資スタイル…(続きを読む)

 泰山は土壌を譲らず

有用なものは偏見なく取り入れるべきです。 もちろん他人の意見を何でもかんでも受け入れ、それに振り回されると言う事ではな…(続きを読む)

 大衆は常に天井を買い、底値を売る

相場の勝ち組は10%未満で90%以上の人は負け組で撤退組であると良く聞きます。 大衆とはきちんと利益の上げられない人です。 そ…(続きを読む)

 大衆は天井で強気し、底で弱気する

不用意な了見で相場に参加しているような人は、売買のタイミングがわからないので、過熱感を伴ってくるような状況を見て、初め…(続きを読む)

 大衆は常に間違っている

人と同じことをやっていては相場ではいつまでも利益が出ないと良く言われますが、ここで言う「人」が大衆であるとして、この「…(続きを読む)

 大上放れ、大下放れは相場に付け

それまでの価格水準を超えた位置に突然価格が飛躍すると、何かイレギュラーなことがそこで起こっていると感じて戸惑ってみたり…(続きを読む)

 たいていの株の動きは、予期された以上に動いていく

市場心理はだいたいにおいて楽観とか悲観とか言ったプラスアルファのバイアスのかかった心で相場を捉える傾向があります。 相…(続きを読む)

 大欲は無欲に通ず

大きな欲望を持てる人は、何が何でもその欲望を果たしたいと言う衝動を強く持っています。 衝動は大きければ大きいほど、目的…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP