実践相場格言717句

 損して休むは上の上

日々のトレードにとってかなり痛い損失が出たりすると、何とかそれを早めに取り戻しておきたいと言う考えに憑りつかれがちです。
そう言う気持ちでトレードする場合一度でうまく行けばラッキーですが、底をしくじると気ばかりが焦るようなトレードが続くものです。
そして、損失を何とか早く取り戻したいと言った考えに捕らわれたままトレードを続けているとたいていの場合自分のスタイルが崩れ、更に自分自身をも見失ってゆくものです。
余裕のあるトレードを行うためには、損失の痛手を引きずると言う状況は非常にマズイ状態であると言えるでしょう。
その痛手がどうしても頭から離れないようなら、それが癒えるか、もしくは克服できるまではトレードをしたところでろくなことはないはずですから、そこは強い意思を持ってむしろ気持ちがリセットできるまでトレードを控えた方が賢明だと言う意味だと思います。

 五十音順 前後の格言

 相場を語るなかれ

言葉にして発すると考えがまとまり、固定すると言う傾向があります。 この現象には長所と短所があると思いますが、その短所は…(続きを読む)

 備えなきは商い禁制

三猿金泉秘録にある「備えなき商内ならば、いつにても、損徳なしに商内禁制」と言う教えです。 「商内禁制」とは、そうした商…(続きを読む)

 損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ

相場は思わぬ急変もし、また突然の反転などがしょっちゅう起こり得る世界です。 損失を目の当たりにしても、その後の希望的な…(続きを読む)

 損切りは最高のヘッジである

損切りの水準設定は、少しでも損失の額を小さくしたいと言った短絡的な了見で小さくとりすぎると頻繁に(損切に)かかってしま…(続きを読む)

 損切りは素早く

損失を判断する場面での躊躇や、迷いによってその判断や遂行が送れることは、思いもかけない損失の発生を黙認しているようなも…(続きを読む)

 損する忍耐より儲ける忍耐

含み益が出た時に状況から見て早く利益確定してしまいたい気持ちを押さえて、利乗せを計ると言うような忍耐は一つの戦略であり…(続きを読む)

 損せぬ人に儲けなし

「損失の出ないトレード」と言うと、投資商材業者の広告の文句としては有り得ることようにも思えますが、理屈から言えば言葉と…(続きを読む)

 損は落とせ、さらば利益は大ならん

(個別株を複数所有するような投資法では)損失の出ている銘柄は早めに始末して、そこで戻ってきた資金を別の(有望な)銘柄に…(続きを読む)

 大玉は失敗、小玉は成功

大玉とは先々のトレードのための資金を無視したような、目いっぱいの資金を使ってポジショニングをするような状況を言います。…(続きを読む)

 大玉を張るを誇りとするなかれ

持てる限りの資金を投じてみたら、たまたまうまくいったりすると、つい自慢したくなるものです。 しかしそういう投資スタイル…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP