実践相場格言717句

 相場は理外の理にあらず、理中の理なり

相場は人間が理解できるような法則性に反した動きをたびたび見せるものです。
こうした人の定めた理屈に合わない現象を「理外の理」と言います。
しかし、「理外の理」の多くは、その現象が終わったあとになってみれば、その原因や理由が見えてきたり、実は人間の定めた法則性から大きく外れていなかったものの、市場心理のバイアスによるイレギュラーな動きであったことがわかってくるものです。
「理中の理」とは視点をかえることで深層の法則性や規則性が見える状態です。
とはいっても、時間軸方向に視点をずらすことで見える「潜在的な理」はリアルタイムでは見えない可能性の高いものであり、それは主観的に相場に参加している投資家にとってはやはり「理外の理」に属する出来事でしょう。
但し、「理中の理」を丁寧に理解し、それを経験として日々蓄積することはトレードのタイミングの向上と言うことにとっては意味を持ってくると言う事を言っているのではないかと思います。

 五十音順 前後の格言

 相場は煩悩の渦

ここで言う煩悩が何を意味しているのかはやや疑問に思える部分もありますが、相場参加者の九割がやがて相場から撤退する負け組…(続きを読む)

 相場は毎日同じ事にて、同じ事にあらず

相場は値段の上下なので、ある意味同じ現象を日々見せています。 しかし悠久の地球史で朝と晩が繰り返され四季が繰り返され、…(続きを読む)

 相場は負けるほどに弱くなる

プロのギャンブラーが入れば事情が違いますが、昔よくやった僅かな掛け金で行う素人の賭けマージャンでは、金回りの良い人、利…(続きを読む)

 相場やるには古今東西の歴史を読め

相場でもっとも重要と言われる「決断」も「タイミング」も人の心の行う者であり、それぞれのトレーダーの内側でそれまでに形成…(続きを読む)

 相場は理外の理

相場は「理外の事」ではなく「理外の理」としているところに大事な意味があるように思えます。 「理外の事」であれば法則性と…(続きを読む)

 相場を語るなかれ

言葉にして発すると考えがまとまり、固定すると言う傾向があります。 この現象には長所と短所があると思いますが、その短所は…(続きを読む)

 備えなきは商い禁制

三猿金泉秘録にある「備えなき商内ならば、いつにても、損徳なしに商内禁制」と言う教えです。 「商内禁制」とは、そうした商…(続きを読む)

 損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ

相場は思わぬ急変もし、また突然の反転などがしょっちゅう起こり得る世界です。 損失を目の当たりにしても、その後の希望的な…(続きを読む)

 損切りは最高のヘッジである

損切りの水準設定は、少しでも損失の額を小さくしたいと言った短絡的な了見で小さくとりすぎると頻繁に(損切に)かかってしま…(続きを読む)

 損切りは素早く

損失を判断する場面での躊躇や、迷いによってその判断や遂行が送れることは、思いもかけない損失の発生を黙認しているようなも…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP