実践相場格言717句

 相場は負けるほどに弱くなる

プロのギャンブラーが入れば事情が違いますが、昔よくやった僅かな掛け金で行う素人の賭けマージャンでは、金回りの良い人、利益に具体的な使い道のないような楽しんでやっているような人が勝つ傾向があったように思います。 勝負事は負けることによるメンタルの後退が一番の問題です。 勝てないサイクルに焦ることで、ますます迷いが増して、どんどん心にゆとりがなくなってくると、もうそれは相場から撤退する十分な条件になっています。 ある程度のゆとりを持って相場に取り組めているうちは、負けの経験が次のトレードに活かされると言った良い連鎖も期待できるものですが、心にゆとりがなくなった状態でマイナスの連鎖にハマるとそのマイナスが膨らむ一方になります。 こうしたスランプから抜け出すには、それを生んでいる心のメカニズムをまず理解した上で、自分に合った方法を持ってその負の現象から一旦離れてみることも必要です。

 五十音順 前後の格言

 相場は値段の高低にして、その高きを売りその安きを買う

高いところで売って、安いところで買う、これは商売の基本でしょう。 つまり割安感、割高感をできるだけ正確に見極める視点を…(続きを読む)

 相場は値よりも日数

これはいわゆる日柄が大事だと言うものですが、相場は転機からの日数や停滞をブレイクしてからの日数を数えてみてそのサイクル…(続きを読む)

 相場は豹変する

見慣れた印象の値動きを追いつつトレードをしていても、思わぬ急変がその目の前で発生するのが相場です。 場合によっては天才…(続きを読む)

 相場は煩悩の渦

ここで言う煩悩が何を意味しているのかはやや疑問に思える部分もありますが、相場参加者の九割がやがて相場から撤退する負け組…(続きを読む)

 相場は毎日同じ事にて、同じ事にあらず

相場は値段の上下なので、ある意味同じ現象を日々見せています。 しかし悠久の地球史で朝と晩が繰り返され四季が繰り返され、…(続きを読む)

 相場やるには古今東西の歴史を読め

相場でもっとも重要と言われる「決断」も「タイミング」も人の心の行う者であり、それぞれのトレーダーの内側でそれまでに形成…(続きを読む)

 相場は理外の理

相場は「理外の事」ではなく「理外の理」としているところに大事な意味があるように思えます。 「理外の事」であれば法則性と…(続きを読む)

 相場は理外の理にあらず、理中の理なり

相場は人間が理解できるような法則性に反した動きをたびたび見せるものです。 こうした人の定めた理屈に合わない現象を「理外…(続きを読む)

 相場を語るなかれ

言葉にして発すると考えがまとまり、固定すると言う傾向があります。 この現象には長所と短所があると思いますが、その短所は…(続きを読む)

 備えなきは商い禁制

三猿金泉秘録にある「備えなき商内ならば、いつにても、損徳なしに商内禁制」と言う教えです。 「商内禁制」とは、そうした商…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP