実践相場格言717句

 相場は煩悩の渦

ここで言う煩悩が何を意味しているのかはやや疑問に思える部分もありますが、相場参加者の九割がやがて相場から撤退する負け組であると言うことからすると、自分の不安や思い付きや目先の欲望を律することのできない投資家のその心理が渦巻いているのが市場と言う事になると思われるので、煩悩は自分で「律することのできない心理」と言う事になると思います。
そうなると、市場心理とは正しい判断が行われていない心理がその大半を占めていると言う事にもなります。
まず自分自身の欲望を見つめ、それを鏡に常に参加者の心理を読んでみると、その欲望の渦の中に飲み込まれるリスクを理解できるかもしれません。
市場は理屈で説明できるものより、ここで煩悩と呼ばれているような心の動きを察知することで理解できるものの方が大きいと言った意味だと思います。

 五十音順 前後の格言

 相場は常に正しい

トレードがうまく行かなくなってきた時や失敗が続く時に、相場が狂っているとか、相場の方がおかしいなどと考えてみたところで…(続きを読む)

 相場は人気7分に材料3分

相場は理屈で動いているものよりもセンチメントで動いているものの方がずっと大きいと言う事でしょう。 人間の心が相場を作り…(続きを読む)

 相場は値段の高低にして、その高きを売りその安きを買う

高いところで売って、安いところで買う、これは商売の基本でしょう。 つまり割安感、割高感をできるだけ正確に見極める視点を…(続きを読む)

 相場は値よりも日数

これはいわゆる日柄が大事だと言うものですが、相場は転機からの日数や停滞をブレイクしてからの日数を数えてみてそのサイクル…(続きを読む)

 相場は豹変する

見慣れた印象の値動きを追いつつトレードをしていても、思わぬ急変がその目の前で発生するのが相場です。 場合によっては天才…(続きを読む)

 相場は毎日同じ事にて、同じ事にあらず

相場は値段の上下なので、ある意味同じ現象を日々見せています。 しかし悠久の地球史で朝と晩が繰り返され四季が繰り返され、…(続きを読む)

 相場は負けるほどに弱くなる

プロのギャンブラーが入れば事情が違いますが、昔よくやった僅かな掛け金で行う素人の賭けマージャンでは、金回りの良い人、利…(続きを読む)

 相場やるには古今東西の歴史を読め

相場でもっとも重要と言われる「決断」も「タイミング」も人の心の行う者であり、それぞれのトレーダーの内側でそれまでに形成…(続きを読む)

 相場は理外の理

相場は「理外の事」ではなく「理外の理」としているところに大事な意味があるように思えます。 「理外の事」であれば法則性と…(続きを読む)

 相場は理外の理にあらず、理中の理なり

相場は人間が理解できるような法則性に反した動きをたびたび見せるものです。 こうした人の定めた理屈に合わない現象を「理外…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP