実践相場格言717句

 辛抱する木に金がなる

元の意味はどんな環境にあろうとも辛抱して頑張ればやがて成果が得られる、あるいは財産が築けるものだと言った感じだと思います。
「辛抱」と言うからにはただ単に継続すると言う以上に「辛いことに耐え続ける」と言うニュアンスがあるはずです。
辛いこととは、相場では人間の衝動的な欲求に対して理にかなったルールを課す必要がありますが、その課された側の気持ちが味わう苦痛と言う風に取れます。
あるいは、手法やスタイルを確立するために味わう損失の苦痛に耐えるとも取れます。
経済的な不安に耐えると言うのも辛抱のうちに入ると言えるでしょう。
トレードのたびに葛藤や迷いが訪れて、それを資金管理のルールを優先してじっと耐えることをや、勝利のために損失を受け入れ経済的な不安と付き合うことが相場の辛抱とも言えます。
こうしたことに耐えるには「それでも投資が好き」と言うモティベーションが大事です。
投資生活を続けたいと願うならモティベーションのために「相場や投資生活の中に希望の持てる何か」を常に自分なりに見つけて持ち続けることが大切だと思います。

 五十音順 前後の格言

 新社屋の建設を発表したら、その会社の株を売れ

個人的経験ではこの格言を絵にかいたような会社を数社知っているので、この言葉に触れると感慨のようなものがあります。 その…(続きを読む)

 人生でも市場でも、進んでリスクを取る者だけが報われる

自分で自然観察をしたことはありませんが、NHKの自然動物番組を見る限り、リスクを避けて生き残っている動物は見たことがあり…(続きを読む)

 新製品は流行を生み出すかも知れないが、利益は生み出さない

新製品に人気が出てきて売れる見通しがたてば、それなりの設備投資などが必要となるかもしれません。 しかし、新製品の評価は…(続きを読む)

 新値につけ

新値とは期間内の最高値更新、特に年初来高値のことを言います。 そうした新値を付けるような銘柄や相場は勢いがあるので、そ…(続きを読む)

 新値にはだまってつけ

新高値がついたら必ずその銘柄もしくは相場はさらに上がると言っているわけです。 実際そう言う傾向は強いのでしょう。 投資関…(続きを読む)

 ストライキに売りなし

最近はあまり見られなくなりましたが…、 ストライキと言えば企業イメージを損なうような大事件のように思えますが、ちゃんとし…(続きを読む)

 過ぎてかえらぬ不幸を悔やむのは、更に不幸を招く近道だ

失敗したトレード、それによって失った資金、そう言うものは悔やんでいるだけでは取り戻せません。 もしそれを取り戻そうと考…(続きを読む)

 図に当たるを待つべし

上手く運ぶはずのトレードが最後までうまく行くような状態を「図に当たる」と言います。 ところが、それが自信のない戦略では…(続きを読む)

 すべての勝負事は、勝っている間に止めるのがよい

これはわかっていてもなかなか出来ないことです。 適正な自分の袋を決めておいてそれがいっぱいになったらやめればいいことで…(続きを読む)

 総て踏み出しは大切なり

仕掛けの大切さを言ったものです。 思い付きや衝動で仕掛けを繰り返していると、トレードも資金も荒んだものになってくるもの…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP